フウガドールすみだファルコンズ

【U-18選手権】昨年全国3位のすみだファルコンズが東京大会を2連覇! 関東への切符をつかむ

第5回全日本ユース(U-18)フットサル選手権東京大会は10日、準決勝2試合と決勝を行った。昨年の第4回全日本ユース(U-18)フットサル選手権で全国3位となったフウガドールすみだファルコンズが大会を2連覇している。

準々決勝を勝ち上がったのは、昨年優勝のフウガドールすみだファルコンズ、2大会ぶりの全国大会出場を目指すFOOTBOZE、そしてセイリツA、府中アスレティックFC U-18の4クラブだった。

準決勝の第1試合では、すみだファルコンズとセイリツAが対戦。プレーイングタイム10分ハーフのレギュレーションの試合は、大差がつく結果となった。前半3分にすみだファルコンズはFP鈴木翔太が先制ゴールを決める。その直後にもGKのロングスローからFP原亮がヘッドでゴールを狙う。これはGKに防がれたが、これで得たCKから再び原がシュートを放つと、これが決まってリードを2点とした。

セイリツAは、個人技のある選手の突破が時折チャンスにつながりそうになる。しかし、後方からロングボールを放り込む戦い方を主としており、守備範囲の広いGK太田圭の守備にも阻まれて、なかなかすみだ陣内までボールを運ぶことができなかった。

後半に入ってもすみだファルコンズがペースを握り、2分にはFP佐藤雄介が反転シュートを決めて3-0。さらに7分にはFP船生快人からパスを受けたFP竹内達哉がシュート。一度は相手GKに止められるが、こぼれ球を押し込んで4点目を奪った。その後も効果的にカウンターを繰り出して攻めるすみだファルコンズは、18分にも鈴木が佐藤とのパス交換からこの試合2点目を決めた。すみだファルコンズは残り26秒にもFP崔輝実がダメ押しゴールを決めて6-0で勝利し、2大会連続での決勝進出を決めている。

続いて行われた第2試合は、一転して接戦となった。序盤はFOOTBOZEが攻めこむものの、府中GK饗場健の好セーブもあって得点を挙げられない。互いにキック力のある選手もいるため、キックインからはキッカーが軽くボールに触り、そのボールを思い切りシュートするチョンドン(チョンと触ってドンとシュート)でゴールを狙う場面もあったが、得点が決まらない。互いに譲らず、前半はスコアレスで終了する。

後半、先に試合を動かしたのはFOOTBOZEだった。4分にフットボウズはGK長井雄が攻め上がり、相手を引き付けてパス。これを受けたFP大野大が強烈なシュートを決めて1点をリードする。これで勢いづいたFOOTBOZEはFP中分斗基が反転シュートで追加点を狙うが、GKに防がれた。

追いかける展開となった府中は、前半に左サイドで存在感を放ったFP今野遼輔がピヴォの位置に入って攻撃の基準点となる。また良い形でボールを奪う場面もあったが、FOOTBOZEの守備への切り替えも早く、なかなか同点ゴールを挙げられない。残り2分になると府中はパワープレーを開始。するとこれが奏功し、ゴール前の浮き球を今野がヘッドで押し込み、試合を振り出しに戻した。

このまま3分ハーフの延長戦にもつれると、延長前半3分にFOOTBOZEはキックインからのチョンドンをFP岩間健太郎がファーポスト前に詰めて胸で合わせ、再びリードを奪う。府中は再びパワープレーで同点を目指したが、結局このゴールが決勝点となり、FOOTBOZEが決勝進出を決めた。

準決勝の第2試合は延長までもつれたものの、決勝の開始時間は変わらず。FOOTBOZEは準決勝終了後、1時間も経たないうちに決勝のキックオフを迎えることになった。

立ち上がり1分、すみだはピヴォの佐藤にボールを集めて攻めるが、FOOTBOZEも得点を与えない。FOOTBOZEも2分に左サイドでキックインを得ると、転がしたボールをFP安東直生がドリブルで縦に運び、シュートを放ったがクロスバーに嫌われた。

試合が動いたのは5分。エリア内でFOOTBOZEはハンドの反則をしてしまい、すみだファルコンズにPKが与えられる。これを佐藤が決めて、すみだファルコンズが先制した。その後もすみだファルコンズは攻勢に試合を進め、9分にはCKを受けた佐藤が再びゴールを決めて2-0とする。FOOTBOZEは、GK長井雄が積極的に攻撃参加して数的優位をつくって攻めようとするが、得点を挙げられずにハーフタイムを迎えた。

後半も試合の主導権を握ったのは、すみだファルコンズだった。7分には右サイドで佐藤のヒールパスを受けたFP佐々木拓海がシュートを放ち、3点目を記録。これで勝利を決定的にしたすみだファルコンズは、最後まで守備の集中を切らさずに準決勝に続き、相手を完封。3-0で勝利して、2大会連続で東京を制した。

東京都大会を連覇したすみだファルコンズは、東京代表として7月中旬に栃木県内で開催される予定の関東大会進出を決めている。

優勝 フウガドールすみだファルコンズ

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

準優勝 FOOTBOZE

関連記事

  1. 【U-15選手権】松山城北がサンクFCから嬉しい全国大会初勝利を…
  2. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 聖和学園SC vs…
  3. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 準決勝 作陽高 v…
  4. 【U-18選手権2018】大会12得点でMVPに選出の帝京長岡F…
  5. 【U-15女子選手権】グループAは前年無得点で敗退の徳島ラティー…
  6. 【U18選手権関東】前回王者・矢板中央が関東最後の切符をつかむ!…
  7. 【福井丸岡ラック×FutsalX 特別企画】U-18女子日本代表…
  8. 【U-15選手権】創設2年目のエフスリーが京都Jマルカに逆転、全…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。