Fリーグ

【U18選手権】前回大会準優勝のすみだファルコンズが中央学院大を破り、全国の切符をつかむ!!

[6.29 U18選手権 関東大会準決勝 すみだファルコンズ 4-0 中央学院高 茅ヶ崎]

 第6回全日本U-18フットサル選手権関東大会は29日に準決勝を行い、第2試合ではフウガドールすみだファルコンズと中央学院高が対戦した。試合は4-0ですみだファルコンズが勝利し、全国大会出場を決めている。

 昨年は関東代表として全国の舞台に勝ち進んでいる両チームの対戦。シンプルにボールを前に送る中央学院は前半3分、FP西谷天晴が相手と競り合いながらロングボールをシュートにつなげるが得点を決められない。約2分半でセット交代を行ったすみだは、3分にセットプレーからFP甘利斗亜が先制点を挙げて試合を動かした。

 4分には中央学院もチャンスをつくり、左サイドをFP古山楓雅が突破。GKが飛び出したところに速いクロスを入れると、FP稲垣心が飛び込むが、スライディングで合わせたシュートは左に外れ、決定機を生かせなかった。

 その後も中央学院は、カウンターの応酬となった展開からチャンスをつくるが、得点を決めきれない。逆に6分には再びすみだが左サイドでボールを持った甘利のパスを受けたFP池田拓史がゴールを決めてリードを広げた。このまま前半はすみだが3点リードで折り返す。

 後半も中央学院はサイドからチャンスをつくり、ゴール前にボールを入れるもののあと一歩、得点につなげられない。時間の経過とともにすみだはチャンスをつくり始め、後半4分にはFP伊藤悠悟が鋭いシュートを放ってゴールを脅かしたが、ここはGKがゴールを守った。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

 3点を追う中央学院は、サイドからシュートを打ち込むようになり、すみだのゴールを脅かし始める。耐える時間の長くなったすみだファルコンズは、8分にチャンスをつくる。FP崔輝実が左サイドを突破して、ゴール前に折り返す。そこに負傷明けのFP鈴木翔太が走りこんで合わせたが、決定機でシュートを決めきれなかった。それでも12分、中盤でボールを回収した鈴木はドリブルからシュートを決め、チームの4点目を記録した。  大差をつけられた中央学院は、FP小幡鷹人をフライングGKにしてパワープレーを開始。しかし、すみだの守備も集中を切らさない。このまま試合は4-0で終了し、すみだファルコンズが決勝に進出し、3年連続での全国大会出場を決めた。敗れた中央学院は、S.B.F.C.ロンドリーナと全国への最後の切符をかけて対戦する。

関連記事

  1. 【PHOTO NEWS】Fリーグ第13節 神戸×仙台 小田原アリ…
  2. 【Fリーグ】平均年齢22.6歳の北海道、前半間際の失点で今季浜松…
  3. 【選手権】U-18選手権以来のハットトリック達成の湘南FP植松晃…
  4. 【Fリーグ】FP掘米将太が今季初含む2ゴール! 大阪が新外国籍選…
  5. 【F1】大阪が日本代表FP芝野創太の退団を発表「ここで得た経験を…
  6. 【PH】大阪がすみだとの延長戦にもつれた激戦を制し、準決勝に進出…
  7. 【F1】決勝の初戦で勝利の大阪 比嘉リカルド監督「大事なのは良い…
  8. 【F2】FPウーゴ・サンチェスが考える北九州の成長に必要なもの …

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。