Fリーグ

【Fリーグ】FP原田が通算100ゴールを決めた神戸が湘南に追い付きドローに

%e6%b9%98%e5%8d%97x%e7%a5%9e%e6%88%b8

[11.23 Fリーグ第21節 湘南 3-3 神戸 小田原 828人]

 

Fリーグは23日、第21節を各地で行い、小田原アリーナでは湘南ベルマーレとデウソン神戸が対戦した。試合は3-3の引き分けに終わり、両チームが勝ち点1を分け合っている。

 

中断期間後、好調の湘南は序盤から試合の主導権を握る。8分にはGKフィウーザのシュートから湘南がチャンスを迎えたが、FP山田慈英がクリアーして得点を許さない。なかなかゴールを奪うことができなかった湘南は、神戸の攻撃をフィウーザ中心に凌ぐと、前半18分にFP刈込真人が得点を決めて1点を先制する。しかし、プレーオフ圏内に戻るために、自分たちより下位のチームに負けられない神戸も、前半からパワープレーを仕掛けて反撃に出る。そして前半残り5秒でFP原田浩平がキャリア99点目となるゴールを決めて、試合を振り出しに戻した。

 

後半も先に試合を動かしたのは湘南だった。後半5分、FP稲田瑞穂からFP大徳ボールを奪うと、FPロドリゴが古巣から勝ち越しゴールを決める。神戸は稲田をゴレイロにして再びパワープレーを仕掛けるが、続くゴールを決めたのも湘南だった。同11分、FP高橋健が左サイドからゴールを決めてリードを2点に広げた。

 

しかし、神戸も後半14分に原田がFリーグ通算100ゴール目となる一撃を決めて、1点差に詰め寄る。さらに約30秒後にも原田のパスからFP松宮充義もゴールを決めて、神戸が3-3の同点に追いついた。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

その後は両チームとも得点を決められずに試合は終了。シュート数では28対14と、神戸の倍のシュートを放ち、一時は2点差をつけた湘南だったが、リードを守り切ることができなかった。この結果、湘南は2試合未勝利に、神戸は連勝が2で止まった。

関連記事

  1. 【F1】町田が2019/2020シーズンの契約更新選手を発表 F…
  2. 【Fリーグ】今季の監督は甲斐修侍、町田U-15がセレクションを実…
  3. 【Fリーグ】北海道と湘南の一戦は互いに譲らず、2-2のドローに終…
  4. 【F1】立川・府中が桐蔭横浜大FP堤優太を特別指定選手申請「1日…
  5. 【選手権】チームを2冠に導いたキャプテン 大阪FP佐藤亮「フット…
  6. 【F2】2019/2020シーズン、横浜の胸スポンサーに「吉野家…
  7. 【Fリーグ】2018/2019シーズン トップ
  8. 【Fリーグ】エルポソ移籍の日本代表FP清水和也が移籍会見 「自分…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。