Fリーグ

【Fリーグ】すみだがホーム最終戦で北海道を下して、プレーオフ進出に王手

[12.16 Fリーグ第30節 すみだ7-1北海道 墨田区総合]

Fリーグは16日、第30節1日目を各地で行い、墨田区総合体育館では4位のフウガドールすみだと10位のエスポラーダ北海道が対戦した。前半のうちに2点のリードを挙げたすみだは、後半開始早々にもゴールを挙げて、最終的には7-1と大勝した。

勝利すれば今節中にもプレーオフ出場が決まるすみだが、16節の浜松戦以降13試合未勝利(5分け8敗)の北海道に対して先手を取る。前半6分に左サイドでボールを持ったFPボラが1対1からシュートに持ち込むと、ゴール前に飛んだボールをファーポスト前につめていたFP宮崎曉が合わせて先制点を決めた。

その後も前節、通算100試合出場を達成したFP清水和也らがゴールを狙っていく。同13分には自陣でボールをカットしたFP岡山和馬がボールを奪って、前線にドリブルを仕掛けていく。岡山は北海道の選手が寄せてくる前にシュートを放つと、GKの前を横切った清水の動きも一助となり、追加点が決まった。

失点後、北海道もタイムアウトを取り、FP酒井遼太郎、FP鈴木裕太郎、FP神敬治、FP水上玄太のセットでボールを保持する時間帯もあったが、すみだの守備も良く、なかなかシュートまで持ち込めない。このまま前半はすみだが2-0とリードして、前半を折り返した。

後半の立ち上がり、北海道のパスが乱れたところをFP中田秀人がカット。岡山が決めた2点目の場面のようにボールを運んでシュートを放つ。これはGK鶴岡広之に弾かれたが、ここでも中田がシュートを打った際に鶴岡の前を横切っていた清水が、こぼれ球に反応してゴールを陥れ、リードを3点に広げた。さらにすみだは後半6分にも、岡山のキックインから中田がFリーグ初ゴールを決めて4-0とした。

北海道も自陣からのロングボールを受けた鈴木が1タッチで中央に折り返し、FP堂下透が飛び込む場面などチャンスをつくったが、得点を挙げられない。逆にすみだは後半15分に左サイドからカットインしたボラが、ダメ押しとなるゴールを決めて勝利を決定的にした。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

試合終盤、北海道もパワープレーを仕掛けてゴールを目指す。これが実って19分にはゴール前でフリーになったFP室田翔伍がゴールネットを揺らして1点を返した。しかし、残り1分を切ってからは、すみだがFP渡井博之、FP田村佳翔が連続でゴールを決めて一気に7-1と点差を広げた。このまま試合は終了し、すみだが今季のホーム最終戦を白星で飾り、プレーオフ進出に王手をかけた。今シーズンのホームゲームを無敗で終えたすみだは、明日、リーグ6位のシュライカー大阪がヴォスクオーレ仙台に勝てなかった場合、プレーオフ進出が決まる。

関連記事

  1. 【Fリーグ】初のオールスターで先発出場したFP久光(12枚)
  2. 【移籍情報】立川・府中が谷本俊介監督の退任、テクニカルダイレクタ…
  3. 【F1】プレーオフ決勝で先発出場を掴み取った名古屋FP八木聖人「…
  4. 【Fリーグ】仙台がFP堀内迪弥弾で先制も、浦安はFP加藤竜馬のゴ…
  5. 【Fリーグ】9発快勝も名古屋FP吉川智貴は内容を反省「結果は良か…
  6. 【Fリーグ】CKから先制点演出のFP滝田 「1試合平均1点は、必…
  7. 【Fリーグ】北海道がFP神敬治の現役引退を発表 「自分自身を誉め…
  8. 【PH】Fリーグ選抜が有終の美! 町田に4-0の完勝で最終順位は…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。