Fリーグ

【Fリーグ】ボラのヒールキックシュートなどで、すみだが府中に快勝! PO進出を決める!

[12.23 Fリーグ第31節 府中 2-6 すみだ 町田]

Fリーグは23日、第31節を各地で行い、町田市立総合体育館では府中アスレティックFCとフウガドールすみだが対戦した。試合は6-2ですみだが勝利している。
この試合に勝利すれば、プレーオフ進出の決まる4位・すみだ。対する府中は現在5位。こちらも、この試合に勝利し、明日の試合でシュライカー大阪が引き分け以下の結果になれば、プレーオフ進出が決まるという重要な一戦だった。
序盤からボールを保持したのは府中だった。今季の得点ランクで首位を走るFP渡邉知晃がゴールを狙うが、得点を決めきれない。逆に4分にはFP諸江剣語のシュートが相手に当たり、ゴール前のFP岡村康平の下に流れると、岡村がボールを冷静にゴールに押し込み、すみだが1点を先制した。
それでも高い位置でボールを奪うことのできている府中も6分、同点に追いつく。左サイドでFP完山徹一がボールを奪ってFPマルキーニョにつなぐと、そこからのパスを中央で受けたFP柴田祐介が決めて1-1とした。さらに9分にも府中はFP内田隼太からの折り返しをFP宮田義人が受けて決定機を迎えたが、シュートは左に逸れていった。
好機を生かせない府中に対し、すみだが決定力の違いを見せる。12分、ゴールを背にボールを受けたFPボラがDFを背負いながら、ヒールキックでシュート。これがゴールに決まり、すみだが再びリードを奪った。その後、府中もGKクロモトが攻撃参加し、ボラをドリブルで抜いて数的優位をつくり、ゴール前でチャンスを作る場面もあったが、同点ゴールは決められず。前半は2-1とすみだがリードして折り返した。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

後半の立ち上がりも、1点を追う府中が攻め込む。すみだも渡邉のシュートブロックから速攻を仕掛けて、FP清水和也が抜け出しかけたが、シュートを打つ前に柴田に体を寄せられてしまう。
一進一退の攻防が続く中、後半5分に府中にアクシデントが起こる。シュートを打った際にマルキーニョが負傷し、ベンチに退く。その後、両チームのエースである清水と渡邉が存在感を示す。普段よりもやや体の重い清水に対し、渡邉も8分にFP皆本晃からのパスをゴール前で受けたが、諸江の好守備に阻まれてシュートに行けない。9分にはすみだが速攻を見せ、清水がゴール前に入れた早いボールにFP岡山和馬が合わせてゴールネットを揺らし、リードを2点差に広げた。
さらにすみだは、12分にも渡邉のシュートを田村がブロックしたところから速攻をしかける。抜け出した岡村がGKクロモトとの1対1を制して、4-1とした。残り8分を切って、府中は皆本をゴレイロにパワープレーを仕掛けたが、プレッシングの強いすみだの守備を攻略できない。逆に18分には諸江のパワープレー返しが決まり、5-1となる。府中も渡邉が今季44得点目となるゴールをパワープレーから決めて1点を返す。その後も内田のパスから渡邉が何度かシュートチャンスを得たが、GK矢澤大夢の好セーブにも阻まれる。
試合終了間際には、オウンゴールで1点を加えたすみだが、6-2で勝利。プレーオフ進出を決めている。

関連記事

  1. 【Fリーグ】19歳で初のオールスター出場を果たした清水(11枚)…
  2. 【Fリーグ】仙台がFP永野雅也の退団を発表「1年間ありがとうござ…
  3. 【Fリーグ】2度のビハインドを追いついた名古屋、府中を抑えてセカ…
  4. 【Fリーグ】浜松が期限付き移籍のFP三井健の退団を発表 「この半…
  5. 【日本代表】ブルーノ監督の印象を語るFP西谷「ピッチ内外のメリハ…
  6. 【Fリーグ】名古屋はシンビーニャ弾で先制もホームで府中とドロー、…
  7. 【Fリーグ】パワープレーから決勝ゴールを挙げた府中FP柴田(6枚…
  8. 【Fリーグ】7連勝で独走態勢も… 名古屋ペドロ・コスタ監督「今の…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。