Fリーグ

【Fリーグ】アルトゥール復帰の大阪、大分に快勝してPO圏内の5位に浮上!

[1.6 Fリーグ2017/2018第32節 大阪 7-3 大分 駒沢屋内 404人]

Fリーグは6日、第32節の1試合を駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行った。プレーオフ進出の可能性を残している昨季王者のシュライカー大阪は11位のバサジィ大分と対戦し、7-3で勝利している。
大阪はキャプテンのFPアルトゥールが復帰し、今季初めてベストメンバーがそろう。拮抗した立ち上がりのなか、先制点を挙げたのは大阪だった。昨季限りで大分に放出されたFP芝野創太がヘディングで恩返し弾を決めて、大阪にリードをもたらす。7分には帰化したFPヴィニシウスとアルトゥール、FPチアゴのブラジル出身3選手がそろい踏み。FKからアルトゥール、ヴィニシウスとつないだボールを最後はチアゴがゴールに沈め、リードを2点に広げた。その後も大阪は、12分にFP佐藤亮がGK檜山昇吾をドリブルでかわして追加点を挙げると、16分にはヴィニシウスが第2PKを決める。17分にはFP田村友貴もゴールネットを揺らして、5-0と一方的な試合展開を見せた。
攻撃に変化を付けたい大分は、FP仁部屋和弘をゴレイロにしてパワープレーを開始する。数的優位の状況で大阪を揺さぶり、17分にはFP田村龍太郎、18分にはFP田村研人が連続でゴールを決めて3点差まで詰め寄り、前半を折り返した。

後半、大分がパワープレーをやめると、再び試合の主導権は大阪に。後半7分にはFP加藤未渚実が追加点を挙げると、同10分にはヴィニシウスがこの試合2点目となるゴールを決めて、再びリードを5点に広げる。
大分は、たまらずパワープレーを再開。19分には仁部屋がゴールを決めたものの、反撃はここまで。大阪が7-3で勝利し、暫定ながらプレーオフ出場圏内の5位に浮上した。一方、残り1試合となった大分は、デウソン神戸が7日、8日の駒沢2連戦で2連勝した場合は、最下位に転落することとなった。

follow futsalx on twitter!

関連記事

  1. 【PHOTO NEWS】Fリーグ第13節 名古屋vsすみだ 前半…
  2. 【Fリーグ】引退発表の小宮山友祐へ レジェンドからのメッセージ …
  3. 【Fリーグ】2-0から一度は逆転されるも再逆転したすみだ 須賀監…
  4. 【Fリーグ】後半だけでシュート8本も、湘南FPロドリゴは不発に(…
  5. 【Fリーグ】5週間ぶりの実戦で戸惑いもあった湘南FP植松「『こん…
  6. 【Fリーグ】湘南の課題を指摘するGKフィウーザ 「ディフェンスの…
  7. 【Fリーグ】背番号9でオールスターに出場したFP稲葉 「振り向い…
  8. 【Fリーグ】時速130キロの弾丸シュートを放つU-19日本代表キ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。