Fリーグ

【Fリーグ】エース水上玄太2ゴールの北海道が4カ月ぶり勝利 浦安はシュート40本も2ゴールで3連敗

[1.6 Fリーグ2017/2018第33節 浦安 2-4 北海道 駒沢屋内 554人]

Fリーグは7日、第33節を駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行い、バルドラール浦安とエスポラーダ北海道が対戦した。試合は4-2で北海道が勝利している。
今シーズンを7位で終えることがすでに確定している2連敗中の浦安。一方の北海道は、15戦未勝利で10位に低迷しており、この駒沢2連戦の結果次第では、さらに順位を落とす可能性もあった。
昨年9月の浜松戦以来、4カ月ぶりの勝利を目指す北海道は、前半2分にFP小林寛季が先制点を挙げる。さらに同7分にはエースのFP水上玄太が自陣で相手ボールを奪って独走、ロングカウンターから追加点を挙げてリードを2点に広げた。
ボールを支配して北海道を押し込む浦安も、15分にFP加藤竜馬が1点を返す。しかし、その後はFP荒牧太郎、FP星翔太のシュートが枠に嫌われるなど、得点は挙げられず、前半は北海道が1点リードで折り返す。

前半、北海道の3倍にあたる18本のシュートを放っていた浦安は、後半もボールを保持して攻勢を強める。後半8分には加藤がこの試合2点目のゴールを決めて、2-2の振り出しに戻した。
浦安はGK藤原潤、北海道はGK三浦拓と両チームのGKの好セーブもあり、引き締まった試合を動かしたのは、キャリア通算200得点に王手をかけたばかりの水上だった。CKのこぼれ球を豪快にゴールに突き刺し、再び北海道が勝ち越しに成功した。
浦安は星をゴレイロにしたパワープレーで同点ゴールを目指したが、逆に北海道FP高山剛寛にパワープレー返しを決められて万事休す。
北海道がエース・水上の通算200ゴール達成となった記念すべき試合を4カ月ぶりとなる勝利で祝っている。一方、浦安は40対15というシュート数が示すようにチャンスはつくっていたものの決めきれず、3連敗となっている。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

follow futsalx on twitter!

関連記事

  1. 【Fリーグ】日本代表FP仁部屋和弘がフットサル活動再開を発表
  2. 【Fリーグ】引退発表の小宮山友祐へ レジェンドからのメッセージ …
  3. 【Fリーグ】リーグが登録選手の変更を発表、すみだFPガリンシャが…
  4. 【Fリーグ】『お祭り男』がF2開幕戦はまさか(?)のノーゴール …
  5. 【Fリーグ】FP室田祐希の今季初得点にFP中井健介の決勝点! 町…
  6. 【Fリーグ】湘南守護神GKフィウーザが奮闘も、再開初戦は逆転負け…
  7. 【Fリーグ】町田FPダニエル・サカイと日根野谷建が8節・浦安戦は…
  8. 【Fリーグ】本拠地でのオールスターで主将を務めたFP狩野「これく…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。