Fリーグ

【AFC女子選手権】アジア制覇を目指すフットサル日本女子代表は白星発進! 江口未珂の先制点などでレバノンに5-1で勝利!

[5.3 AFC女子選手権タイ2018 C組 日本女子5-1 レバノン女子 バンコクアリーナ]
AFC女子フットサル選手権タイ2018は3日、大会2日目を迎え、グループCの日本代表はレバノン代表と対戦した。日本は5-1で勝利し、良いスタートを切った。

新たに木暮賢一郎監督が就任し、初のAFCフットサル選手権制覇を目指す日本は、GK山本彩加、FP加藤正美、江口未珂、小村美聡、若林エリの神戸セットで試合をスタートさせる。立ち上がりから敵陣で試合を進める日本は、前半2分に相手のビルドアップのミスを突き、江口がボールを奪ってそのままシュートを決めて、先制点を挙げる。その後も、2分強でセットを変えながら戦った。

レバノンを押し込みながらも、なかなか2点目を挙げられなかった日本だが、再び神戸セットがスコアボードを動かす。前半8分、江口がドリブル突破を仕掛け、若林にパス。若林の折り返しを加藤が押し込み、2-0とリードを広げた。

日本は優勢に試合を進めながらも、時折、ボールの失い方が悪くピンチを迎える。それでも相手のシュートが枠を逸れたこともあり、得点は許さなかった。

すると前半13分、日本は左サイドでFP竹村純子が倒されてセットプレーを得る。ここで江口、小村、FP網城安奈、FP江川涼のセットにした日本は、網城と江川の連携から網城が3点目を決めた。

15分には、ドリブルで仕掛けた若林がボールを突かれ、カウンターを受ける。自ゴール前で数的不利となった日本は対応しきれずに、1点を返された。このまま前半は3-1で終了した。

前半の途中から、セットを崩した選手交代を見せていた木暮監督は、後半のスタートに加藤、竹村、江口にFP勝俣里穂を送り込む。同5分にはセットプレーから江川が、一度はブロックされた自身のシュートをゴールに押し込み、再び3点差をつける。さらに後半11分にも日本はキックインからのサインプレーで、加藤が2点目のゴールを決めて5-1と点差を広げた。

その後は得点が動かず、5-1のまま試合は終了。難しい大会初戦で、日本はしっかり勝ち点3をつかみ取った。

スライドショーには JavaScript が必要です。

関連記事

  1. 【Fリーグ】チャンスを逃さなかった浦安、湘南の猛攻に耐えて逆転勝…
  2. 【Fリーグ】森岡が2ゴールの町田、浜松を破ってホーム全勝をキープ…
  3. 【オーシャン杯】4分で2失点のFリーグ選抜は立川・府中に敗れて8…
  4. 【Fリーグ】大阪の元日本代表FP佐藤亮が現役を引退 「自分らしく…
  5. 【Fリーグ】PKでの1ゴールに満足しない すみだFP清水「もっと…
  6. 【PHOTO NEWS】Fリーグ第13節 北海道vs大阪 小田原…
  7. 【選手権】チームを2冠に導いたキャプテン 大阪FP佐藤亮「フット…
  8. 【オーシャン杯】エゴイストになって20秒での先制点と奇跡の決勝点…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。