Fリーグ

【オーシャン杯】4分で2失点のFリーグ選抜は立川・府中に敗れて8強進出を逃す

[5.26 オーシャンカップ2018 2回戦 F選抜 2-3 立川・府中 立川立飛]
オーシャンカップ2018は26日、大会2日目を迎えてアリーナ立川立飛の第4試合では、Fリーグ選抜と立川・府中アスレティックFCが対戦した。試合は2-3で立川・府中が勝利し、27日の3回戦に進んでいる。

試合は開始早々に動く。55秒、左サイドをFP完山徹一が突破すると、Fリーグ選抜GK山田正剛が飛び出してくる。完山が中央にボールを折り返すと、これを受けたFP内田隼太がボールをゴールに流し込み1点を先制した。さらに4分にも立川・府中は左サイドをtっパしたFPマルキーニョが折り返したボールをFP上村充哉が決めて、2-0と点差を広げた。

Fリーグ選抜の高橋優介監督は、タイムアウトを取り、修正を図る。これもあって落ち着いたFリーグ選抜は8分にFP仁井貴仁の仕掛けから、FP新井裕生がシュートを放つがGKクロモトに防がれる。16分にはFP小幡貴一が左サイドからシュートを放ったものの、ここでもGKクロモトが立ちはだかった。前半残り4分を切った直後、立川・府中はファウルカウントが5となる。しかし、ここからはファウルがとられず、前半は立川・府中が2-0とリードして折り返した。

後半に入ると、Fリーグ選抜の勢いが加速する。1分、左サイドのFP瀧澤大将からパスを受けた新井が2試合連続となるゴールを記録し、1点差に詰め寄る。3分にもFP水谷颯真からのパスを受けた小幡がゴールを狙うが、またもGKクロモトに阻まれた。

立川・府中も一瞬のスキを逃さない。6分にドリブルでボールを運ぶと、マイナスに折り返す。距離のある位置からFP岡山洋介が放ったシュートが、絶妙なコースに決まり、再びリードを2点に広げた。立川・府中は8分にも直接FKからFP渡邉知晃がゴールを狙ったが、これはゴールマウスを叩く。

追いつくためには攻めるしかないFリーグ選抜も、14分にFP伊藤圭汰が得意の左サイドから左足でゴールを狙ったが、GKクロモトがセーブ。残り5分を切るとFリーグ選抜は、GKを今大会初出場となるGK坂桂輔に変更してパワープレーを開始した。17分にはこれが奏功し、水谷からのパスを受けた瀧澤がゴールを決める。その後も立川・府中を攻め立てたFリーグ選抜だったが、残り4秒で三笠の放ったシュートがクロスバーに嫌われて試合は終了。立川・府中が逃げ切り、準々決勝進出を決めている。

関連記事

  1. 【Fリーグ】PKでの1ゴールに満足しない すみだFP清水「もっと…
  2. 【日本代表】初のフル代表合宿で自信をつけたFP内田隼太「目標は2…
  3. 【Fリーグ】日本代表に初招集の北海道FP堀米「積極的に自分のプレ…
  4. 【Fリーグ】世代交代を進める浦安、中島孝のセグンド登録を発表
  5. 【Fリーグ】10連覇を逃した名古屋 ペドロ・コスタ監督「この結果…
  6. 【Fリーグ】新たな浦安の顔に FP加藤竜馬「このクラブをもう一度…
  7. 【Fリーグ】仙台がFP永野雅也の退団を発表「1年間ありがとうござ…
  8. 【Fリーグ】2018/2019シーズン開幕! オープニングマッチ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。