ペスカドーラ町田

【オーシャン杯】新戦力のFPアウグスト、FPヴィニシウスがゴールの町田、名古屋サテライトに4-0の快勝

[5.26 オーシャンカップ2018 2回戦 町田 4-0 名古屋サテライト 立川立飛]
オーシャンカップは26日、大会2日目を迎えてアリーナ立川立飛の第3試合では、ペスカドーラ町田と名古屋オーシャンズが対戦した。前半にFP森岡薫の2ゴールでリードした町田は、後半もゴールを重ねて4-0で勝利している。

試合は序盤から町田がボールを保持して攻める展開となる。それでも名古屋サテライトはGK田淵広史の好セーブもあり、ゴールを許さない。しかし前半9分、キックインを受けた森岡が右足を振り抜くと、強烈なシュートはゴールに突き刺さった。

名古屋サテライトもボールを奪ったらカウンターを仕掛ける意識が徹底されていたが、なかなかチャンスをつくり切れない。それでも15分には右サイドからFP巽優太が折り返したボールがゴール前を横切るが、FP新田駿が反応しきれずに、得点にできなかった。

攻勢の町田は16分、左サイドをFP中井健介が突破、折り返したボールをFPヴィニシウスが合わせたがシュートはゴールマウスを叩いた。同17分にもFP滝田学がゴールを狙ったが、GK田淵に防がれる。

このまま前半が終わるかと思われた残り28秒、左サイドでボールを持った森岡が左サイドにボールを運び、左足を一閃。これが再びゴールに決まり、町田が2点リードで前半を終えた。

後半も流れは変わらない。4分、左サイドの森岡からのパスを受けたFPアウグストが、来日初ゴールを記録して3-0に。同6分にはFKを得ると、FPクレパウジ・ヴィニシウスが左足でシュートを決めて4点目を奪った。後半7分には右サイドでFP原辰介が相手の裏をとってシュートに持ち込んだが、ポストに嫌われて得点はできなかった。

残り11分33秒から、名古屋サテライトはパワープレーを開始。しかし、町田の守備を崩せないまま時間が進む。17分には町田のGK小野寺優介が4秒ルールを取られたが、名古屋のシュートはライン上で原にクリアーされる。その後、町田も滝田がロングシュートでゴールを狙うが、クロスバーに嫌われた。

関連記事

  1. 【Fリーグ】ハイレベルなチーム内競争を明かす大阪FP佐藤 「日本…
  2. 【Fリーグ】先制弾で古巣・名古屋の10連覇を阻止した町田FP森岡…
  3. 【オーシャン杯】充実の戦力をそろえる町田 岡山孝介監督「良い選手…
  4. 【Fリーグ】ホーム全勝を継続の町田 岡山監督「チームが一つになっ…
  5. 【Fリーグ】開幕節と今後の補強動向を加味しての2017/2018…
  6. 【Fリーグ】練習中に負傷の町田FP甲斐修侍は全治2カ月 全日本選…
  7. 【Fリーグ】町田対府中を観戦したブルーノ・ガルシア監督「若手が出…
  8. 【オーシャン杯】名古屋サテライトがF2の白山に3-0で完勝、町田…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。