ヴォスクオーレ仙台

【オーシャン杯】石田健太郎が1G1Aの浦安が、逆転で仙台を破って3回戦に進出

[5.26 オーシャンカップ2018 2回戦 仙台 1-4 浦安 立川立飛]
オーシャンカップ2018は26日、大会2日目を迎えて2回戦を行った。アリーナ立川立飛の第1試合ではヴォスクオーレ仙台とバルドラール浦安が対戦。試合は4―1で浦安が勝利している。

Fリーグ・ディビジョン1のクラブ同士の対戦となった一戦は、昨季まで浦安に所属していたFP荒牧太郎の古巣対戦という点やホセ・フェルナンデス監督とアルベルト・リケル監督のスペイン人監督対決という点でも注目を集めた。

最初にチャンスをつくったのは、浦安だった。前半3分にFP永島俊が倒されてFKを獲得、FPディドゥダの流したボールをFP宮崎岳がシュートしたが枠を捉えられない。4分にも浦安はCKからディドゥダがゴールを狙ったが、得点にはつながらなかった。

5分、先に試合を動かしたのは仙台だった。パスを受けたFPマルロンが、永島、FP加藤竜馬をかわして右足でシュート。これが決まって仙台が先制した。

先制された浦安も6分には右からのサイドチェンジを受けた加藤がシュートを放つが、GK税田拓基に止められた。ここから仙台のプレスが機能して浦安にボールを運ばせない時間が続く。しかし、仙台はビルドアップでミスが起き、ディドゥダにゴールを狙われたが、シュートは枠を外れていった。

前半13分に仙台は、FP林将史からのパスがファー詰めしたFP内野脩麻に届くが、内野のシュートミスで決定機を生かせなかった。さらに攻める仙台は、FP堀内迪弥が倒されてFKを獲得。ここでタイムアウトを取ったが、リスタートからの攻撃は浦安にブロックされた。

前半終了間際にも浦安は、荒牧のパスをカットしたFP青山竜也がシュートを放ったが、ボールは左に逸れていき、前半は1-0と仙台がリードして終了した。

後半に入ると、浦安はセットプレーからディドゥダの強烈なシュートで同点ゴールを狙う。しかし3分のシュートが左ポストを叩くなど、得点を挙げられない。その後も攻め込む浦安だが、GK税田の好セーブもありゴールが遠い。

それでも後半8分、左サイドから加藤が折り返したボールにゴール前に詰めたFP石田健太郎が体ごとボールをゴールに押し込み、試合を振り出しに戻した。その後も攻め続ける浦安は、13分に石田がDFを引き付けて軸足の裏を通すパスを出す。これを受けたFP野村啓介がシュートを決めて、2-1と逆転に成功した。14分には仙台の横パスをカットした宮崎が独走、GKとの1対1を制して3-1とリードを2点に広げた。

仙台はタイムアウトを取り、マノエルをGKにしてパワープレーを開始。数的優位をつくって浦安に揺さぶりをかけるが、なかなかシュートまで持ち込めない。逆に19分にはGK藤原潤のパワープレー返しが決まり、4-1となった。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

このまま試合は終了し、浦安が3回戦に進出。27日の3回戦ではエスポラーダ北海道とフウガドールすみだの勝者と対戦する。

関連記事

  1. 【Fリーグ】仙台がFP堀内迪弥弾で先制も、浦安はFP加藤竜馬のゴ…
  2. 【Fリーグ】FP中井健介の決勝弾で町田が勝利! 浦安は大阪ラウン…
  3. 【Fリーグ】浦安が米川監督の今季限りでの退任を発表 「申し訳ない…
  4. 【Fリーグ】新生浦安のポテンシャルを信じるFP石田健太郎「プレー…
  5. 【PH】ペスカドーラ町田vsヴォスクオーレ仙台(45枚)
  6. 【Fリーグ】世代交代を進める浦安、中島孝のセグンド登録を発表
  7. 【Fリーグ】浦安が多摩大のU-19日本代表候補FP石田を特別指定…
  8. 【Fリーグ】第2クールは黒星スタートの浦安 リケル監督「2点目、…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。