Fリーグ

【オーシャン杯】PK戦の末にすみだが準決勝進出! 浦安は新10番、新9番のゴールも実らず敗退に

[5.26 オーシャンカップ2018準々決勝 すみだ 2-2PK3-2 浦安 立川立飛]
オーシャンカップ2018は26日、準々決勝の4試合を行った。アリーナ立川立飛の第1試合では、フウガドールすみだとバルドラール浦安が対戦。試合は2-2で終了し、PK戦の末にすみだが準決勝進出を決めている。

先手を取ったのは、浦安だった。前半3分、FP宮崎岳のシュートをGK矢澤大夢が弾いたところを新背番号10のFP加藤竜馬が押し込み、先制する。互いに攻め合う展開の中で、13分には左足首を負傷していた浦安FPディドゥダが担架でベンチに運ばれる。決して選手層の厚いとは言えない今季の浦安。ケガの状況が心配されたが、その後、ピッチに戻っており大きなケガではなかったようだ。

対するすみだも前半18分、シュートを放ったFP大薗諒が負傷し、こちらもベンチへ退く。エースのFP清水和也が負傷でスタンドから観戦する中、大薗も欠くことになれば、大きな影響が出てきそうだ。

この試合2点目を奪ったのも浦安だ。FP石田健太郎のパスから新背番号9のFP永島俊が決めて2-0とリードする。すみだはGK矢澤も攻撃参加するなど、リズムを変えようとするが、得点を挙げられないまま前半を終えた。

すみだは後半のスタートに大薗がピッチに戻る。浦安に圧力をかけていくすみだは後半3分、CKから浮き球をFP岡村康平がヘディングでゴールに決めて1点を返す。その後も浦安を攻め立てるが、GK藤原潤の守るゴールをこじ開けることができない。11分には大薗からのパスを受けたFP渡井博之が決定機を得るが、シュートは枠を捉えなかった。

攻勢のすみだは12分、直接FKを得ると、FPボラがシュート。ボールはGK藤原の手を弾いてゴールに吸い込まれ、ついにすみだが2-2に追いつく。

後半13分、浦安はDFとの競り合いに勝ち、後方からのパスを受けとった永島がGKと1対1になるが、ここは矢澤に阻まれる。14分にも石田のロングパスから加藤が1対1のチャンスを迎えるが、これもGK矢澤がブロックして勝ち越し点を許さない。15分には石田が決定機を得るが、ここもGK矢澤がシャットアウト。

後半18分、タイムアウトを取った浦安は、パワープレーを開始する。しかしゴールは決まらずに2-2で後半は終了。準決勝進出チームは、PK戦で決められることとなった。すみだは矢澤が浦安2人目のFP青山竜也のシュートを止めると、3人全員が決めて3-2で勝利。

関連記事

  1. 【Fリーグ】2018/2019シーズン開幕! オープニングマッチ…
  2. 【Fリーグ】府中が森岡薫不在の町田と痛恨のドロー、自力でのPO進…
  3. 【Fリーグ】名古屋オーシャンズが育成年代のレディースチーム発足を…
  4. 【Fリーグ】オールスター戦後 FP仁部屋のコメント「毎年、続けら…
  5. 【Fリーグ】ホーム全勝を継続の町田 岡山監督「チームが一つになっ…
  6. 【選手権】シーズン終盤に存在感を放つ大阪FP永井義文 「出ている…
  7. 【Fリーグ】西谷不在のすみだが清水の2ゴールなどで仁部屋不在の大…
  8. 【Fリーグ】神戸が終了間際の劇的弾ですみだを破り、最下位を脱出

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。