Fリーグ

【女子Fリーグ2018】GK竹田祥子が退場も、女王アルコイリス神戸がFP江口未珂の5得点などで新規参入の流経大に勝利

[6.2 女子Fリーグ第1節 流経大 1-7 神戸 立川立飛]
女子Fリーグ2018は2日に開幕し、アリーナ立川立飛の第2試合では昨シーズン女王のアルコイリス神戸と今季から参戦している流経大メニーナ龍ケ崎が対戦した。試合は7―1で神戸が勝利している。

神戸の先発はGK竹田祥子、FP小村美聡、FP江口未珂、FP加藤正美、FP若林エリと先月のAFC女子フットサル選手権2018を戦ったメンバーが名を連ねた。短時間でメンバー交代をした神戸は、前半5分に2度目の出場となった江口が左サイドからシュートを放ち、先制点を挙げる。

その後も攻勢の神戸は6分に加藤のシュートが左ポストを叩いたところを若林が詰めたが、シュートはクロスバーを越えていった。それでも6分には江口がこの試合2点目のゴールを決めて点差を広げた。

2点を追う流経大も11分に、FP小泉綾乃がミドルシュートを放つ。これは左ポストを叩き、得点は挙げられない。対する神戸も12分、江口がDFをかわしてピヴォ当てからリターンパスを受けてシュートしたが、左へ逸れていった。

順調な試合運びを見せていた初代女王の神戸だが、13分にはシュートブロックされたボールが大きく跳ね返り、流経大の速攻になる。FP嶋貫瞳がシュートしたボールをGK竹田祥子がエリア外で手を使って止めてしまう。審判はレッドカードを提示、GKが一人しかいない神戸は、若林がゴールを守ることとなった。

試合開始直後、数的優位の流経大は小泉が左足でシュートを決めて、1点差に戻す。しかし、この後、数的同数に戻ると、なかなか神戸の守備を崩しきれない。神戸は18分にFP藤田靖香が反転シュートを決めて3-1と再び2点差にして前半を終了した。

後半も神戸は2分にショートカウンターから加藤のパスを受けた江口がゴールを決めて、4-1と点差を広げた。前からのプレスで押し込む時間の長い神戸だったが、時折訪れるピンチも急きょ、ゴールを守ることとなったGK若林のセービングで切り抜ける。逆に6分にはFP山田葉月が高い位置でボールを奪い、シュートを放つ。これはGKに防がれたが、こぼれ球を加藤がゴール上に決めて5-1とする。

神戸は11分にも江口が自陣からボールを持ち上がり、DFとGKをかわしてシュートを決めて6点目を挙げる。

13分には流経大も右サイドから仕掛けて嶋貫がシュートするが、ポストに嫌われて得点できない。同13分には江口が右サイドからシュートを決めて7-1とした。その後、流経大もチャンスをつくり出すが、GK若林の好セーブもあって得点を奪えない。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

残り34秒でセットプレーを得た流経大は、タイムアウトを取ってゴールを狙ったが、小泉のシュートはブロックされる。結局、このまま試合は終了。神戸が7-1で勝利している。

関連記事

  1. 【U-15女子選手権】グループCからは十文字中とFCエフロンテが…
  2. 【Fリーグ】F選抜が名古屋の連勝を7で止める! FP新井裕生の劇…
  3. 【Fリーグ】名古屋×すみだ 試合後の名古屋 ペドロ・コスタ監督コ…
  4. 【Fリーグ】9発快勝も名古屋FP吉川智貴は内容を反省「結果は良か…
  5. 【オーシャン杯】試合の流れを決める2ゴールも… 町田FP森岡薫「…
  6. 【AFC女子選手権2018】木暮賢一郎監督メンバー選出記者会見《…
  7. 【オーシャン杯】FPヴィニシウス弾で逆転の町田、FP森岡薫の2戦…
  8. 【Fリーグ】浜松が浦安を破って今季4勝目、クラブ史上最多勝ち点獲…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。