Fリーグ

【オーシャン杯】大会連覇を目指す名古屋が決勝進出! 町田はFP森岡薫のハットトリックも実らず

[6.2 オーシャン杯準決勝 町田 3―6 名古屋 立川立飛]
オーシャンカップは2日に準決勝を行い、ペスカドーラ町田と連覇を目指す名古屋オーシャンズが対戦した。試合は6―3で名古屋が勝利し、連覇に王手をかけている。

2018シーズンの幕開けを告げるオーシャンカップ。準決勝の第1試合は前半3分に動く。町田はFP森岡薫が右サイドからシュートを叩き込み、1点を先制する。対する名古屋も4分に、新加入のFP星翔太が倒されて得たFKから、FP齋藤功一のパスを受けたFPヴァルチーニョがゴールネットを揺らし、同点に追いつく。

両チームの激しいぶつかり合いは続き、11分には名古屋の底辺でFPペピータからボールを奪った森岡が、この日2点目を決めて再びリードする。その約30秒後には、名古屋がファウルを犯し、両チームのファウル数が早くも4となった。町田は13分にもFPクレパウジ・ヴィニシウスのパスからFP横江怜が決定機を得るが、シュートはGK関口優志に止められる。チャンスを逃した町田は13分、ゴール前で6つ目のファウルを犯し、第2PKスポットより近い位置で壁なしFKを与えてしまう。これをヴァルチーニョに決められ、2-2となった。

前半14分には、敵陣深い位置で町田FP中井健介がFP吉川智貴の足を引っかけたように見えたが、審判団は何もなかったと判定。ここは救われた町田だが、14分に関口に対するファウルで第2PKを与えたが、ヴァルチーニョのシュートは枠を外れていった。

逆転のチャンスを逃した名古屋だったが、16分にヴァルチーニョがつぶされてこぼれたボールをFPペピータがゴールに流し込み、2-3とリードする。さらに19分にも名古屋は右サイドから仕掛けた吉川の折り返しを安藤がゴールに蹴り込み、4-2と2点リードで前半を終えた。

後半開始直後、町田は森岡がミドルシュートを決めて4-3と再び1点差に詰め寄る。その後、名古屋も攻めるがFP滝田学に当たったボールやペピータのシュートがゴールマウスを叩き、GK小野寺優介の好守に阻まれて追加点を挙げられない。それでも11分には、FP星龍太の仕掛けから、ゴール前で小野寺がペピータとの競り合いに勝ち弾いたボールをFP八木聖人がゴールに蹴り込み、名古屋が再び2点リードとした。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

後半15分、名古屋はFP西谷良介が負傷して担架で外に運ばれる。プレー再開後の残り5分14秒から、町田はFPアウグストをGKにしてパワープレーを開始。アウグストがループシュートでゴールを狙ったが得点はできない。残り1分36秒で町田はタイムアウトを取るが、ゴールが遠い。逆に残り24秒、名古屋はヴァルチーニョがパワープレー返しを決めて勝負あり。大会連覇を目指す名古屋が6-3で勝利し、決勝への切符を手にした。

関連記事

  1. 【Fリーグ】リーグ戦、すみだに2連勝の仙台 ホセ・フェルナンデス…
  2. 【Fリーグ】MVPはボラ オールスター各種表彰
  3. 【AFCクラブ選手権2018】名古屋のアジア制覇を阻んだタイ・ソ…
  4. 【Fリーグ】浦安がラスト15秒で同点に追いつき、連敗をストップ!…
  5. 【Fリーグ】練習中に負傷の町田FP甲斐修侍は全治2カ月 全日本選…
  6. 【Fリーグ】背番号9でオールスターに出場したFP稲葉 「振り向い…
  7. 【Fリーグ】湘南がFP本田眞琉虎洲の通算150点やFP野口健吾の…
  8. 【Fリーグ】ルーキーイヤーを振り返る北海道FP小幡貴一 「あっと…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。