Fリーグ

【Fリーグ】教育実習明けのFP内田隼太も有言実行のゴール! 府中が北海道を圧倒

[6.16 Fリーグ2018/2019 第1節 立川・府中 6-2 北海道 駒沢屋内]
Fリーグは16日に2018/2019シーズンを迎え、第1節第2試合では立川・府中アスレティックFCとエスポラーダ北海道が対戦した。試合は6-2で立川・府中が勝利している。観客数は583人だった。

今シーズンより新たに立川を本拠地に加えた立川・府中は、前半2分にFP皆本晃のドリブルからチャンスをつくると、折り返したボールがFP丸山将輝の下へ。丸山が楽々ゴールを決めて、1点を先制した。

その後も立川・府中は皆本のドリブルからチャンスをつくる。10分には切り返して左足でシュートを放ったが、GK三浦拓に防がれた。13分には北海道から加入したFP酒井遼太郎が新10番のFP完山徹一とのワンツーから抜け出し、シュートを放つもののこれもGK三浦に止められた。

北海道を圧倒する府中が2点目を奪ったのは15分。酒井のキックインを受けたFP渡邉知晃がミドルシュートを放つと、これが決まる。ここから府中は一気に畳みかけた。18分には皆本が中から左に仕掛けてチャンスメイク。最後はFリーグデビューとなったFP小村航生がヒールでゴールを決めて3点差とする。さらに19分には前日まで地元の福島で教育実習を行っていたもののメンバー入りを果たしたFP内田隼太が渡邉とのワンツー追加点を決めて前半だけで4-0とリードを奪った。

後半も府中は3分に丸山が2点目を決めると、後半10分には酒井も古巣からゴールを奪って6-0と試合を決めた。

開幕戦から苦しい戦いを強いられた北海道は、後半14分にFP水上玄太が1点を返すと、その3分後にはFP鈴木裕太郎が立川・府中の底辺で完山からボールを奪ってゴールを決めてチーム2点目を記録する。しかし、北海道の反撃もここまで。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

2シーズンぶりのプレーオフ出場を目指す府中が、開幕戦を勝利で飾っている。

関連記事

  1. 【Fリーグ】目標は全日本ユースU-18フットサル大会優勝! 大阪…
  2. 【F1】すみだが2018/2019シーズンのクラブ個人賞を発表 …
  3. 【Fリーグ】19日にリーグ最終戦を戦う神戸FP鈴村 「最後の一試…
  4. 【Fリーグ】仙台がFP田口のトップチーム昇格を発表 「ようやくス…
  5. 【練習試合】立川・府中とすみだは2-2のドロー。すみだの新外国人…
  6. 【Fリーグ】最下位に沈んだ大分の転換期となるか サテライト、U-…
  7. 【PH】GK岸将太が躍動のすみだ、2019年初勝利! 北海道は残…
  8. 【Fリーグ】大阪と神戸が入場無料のトレーニングマッチを開催 神戸…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。