大学・高校

【U18選手権関東】すみだファルコンズが初の関東制覇! 中央学院に4-1の快勝で関東第1代表として全国へ

7.15 U-18選手権関東大会決勝 すみだファルコンズ 4-1 中央学院 栃木県北]
5回全日本ユース(U-18)大会関東予選は15日、決勝を栃木県立県北体育館で行い、フウガドールすみだファルコンズ(東京)と中央学院高校A(千葉)が対戦した。試合は4-1ですみふだファルコンズが勝利し、関東王者として全国大会に出場することとなった。

初の関東制覇を目指すすみだファルコンズは、前半4分に左サイドからFP竹内達哉がシュートを決めて、1点を先制する。その1分後にはFP佐藤雄介のシュート性のボールに対し、FP崔輝実が飛び込んだが、わずかに合わずにボールはポストを叩いた。

序盤はすみだファルコンズの前からのプレッシングに苦しみ、ボールを運べていなかった中央学院だが、最後尾でFP藤本奎詩が佐藤と11になると、一気に抜き去って加速。そのままドリブルで相手を抜き去っていき、シュートを決めて試合を振り出しに戻した。

追いつかれたすみだファルコンズだが、試合の主導権は渡さない。7分にはパス回しから相手の寄せが遅れると、右サイドから竹内がこの試合2点目となるゴールを決めて、再び勝ち越す。その1分後には、FP長谷部玖がボールを運び、DFを引き付けて左サイドへパス。これを受けたFP船生快人がゴールを決めてリードを2点に広げた。

その後もすみだは攻め手を緩めない。9分には敵陣でパスを回す。ボールが相手にあたってこぼれたところ、FP佐々木拓海が抜け目なく決めて、前半を4-1で折り返した。

3点を追う中央学院は後半、個人技のある選手たちにボールを集めて、すみだファルコンズの守備を崩しにかかる。しかし、すみだファルコンズの選手たちは粘り強く対応し、ボールを回収してカウンターからシュートまでいき、CKなどのセットプレーを得てチャンスを広げていった。

丁寧にボールをつなごうとする中央学院は、自陣からボールを運び出すのに苦しみ、なかなかゴール前でチャンスをつくれない。逆にすみだファルコンズが高い位置でボールを奪って、カウンターを仕掛ける場面が目立った。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

結局、後半は得点が決まることなく終了。すみだファルコンズが4-1で勝利し、初の関東大会制覇を成し遂げ、関東第1代表として仙台で開催される全国大会に出場することとなった。。

関連記事

  1. 【大学選手権2018】後半に猛攻を見せた北海道大が長崎大に逆転勝…
  2. 【PHOTO NEWS】第12回全日本大学フットサル大会 1次ラ…
  3. 【第5回U-18選手権】4大会ぶり優勝を目指す聖和学園が飯塚に3…
  4. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 聖和学園SC vs…
  5. 【GAViC杯】齋藤日向の一撃で勢いづいた新潟が北海道に逆転勝利…
  6. 【PHOTO NEWS】第12回全日本大学フットサル大会 準決勝…
  7. 【U-19日本代表】2年で作陽高の選手権メンバー入りもフットサル…
  8. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 表彰式

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。