矢板中央

【U-18選手権関東】中央学院が前回王者の矢板中央を撃破、2大会ぶりの全国出場を決める! 

7.15 U-18選手権関東大会準決勝 矢板中央 2-4 中央学院 栃木県北]
5回全日本ユース(U-18)大会関東予選は15日、準決勝を栃木県立県北体育館で行い、第1試合では矢板中央高(栃木)と中央学院高校A(千葉)が対戦した。試合は4-2で中央学院が勝利している。

立ち上がりに攻め込んだのは、ここまでフットサル大会で公式戦無敗の矢板中央だった。前半2分にはFP長谷部琉馬がゴール前でこぼれ球を押し込み、先制点を記録する。その後もU-20フットサル日本代表候補のFP大塚尋斗の強烈なシュートなどで、中央学院のゴールを脅かした。

中央学院も最前線で流動的に動いて相手のマークを外すFP稲垣心にボールが入り始め、攻撃の形がつくれるようになる。前半6分に矢板中央のファウルが4つとなると、シュート数を増やしていく。

前半9分には矢板中央のファウルが5つを数え、矢板中央は後方でボールを回しながら、相手が出てきたときにカウンターを狙う戦い方を徹底する。前半の残り時間が1分となったところで、ボールを回していた矢板中央はGKへのバックパスの反則を取られる。これで得た間接FKから中央学院はFP小幡鷹人がゴールを決めて、1-1の同点に追いついた。

さらに前半残り38秒、中央学院は第2PKスポットよりゴールに近い位置でファウルを受ける。壁なしFKから稲垣がゴールを狙ったが、シュートはGK吉沢亮に防がれ、前半は1-1で終了する。

後半の立ち上がり、両チームのエースに決定機が来る。最初は中央学院のFP藤本奎詩がドリブルで中央を割り、シュートを放つが左へ外れる。続いて大塚がゴールを狙ったが、こちらも得点できない。

矢板中央に押し込まれる中央学院は、カウンターから何度かチャンスをつくる。後半5分には小幡が左サイドを突破しシュート。一度はGKに阻まれるが、こぼれ球をシュートするとこれが決まって、中央学院が逆転に成功した。

追う展開となった矢板中央は、圧力を強めて中央学院に襲い掛かる。ほとんどハーフコートゲームとなった展開の中、11分には中央学院のプレスがハマり、小幡とGK吉沢の競ったボールが稲垣の前に転がる。稲垣が無人のゴールにシュートを決めて3-1とリードを2点に広げた。

さらに後半9分、中央学院はセットプレーから藤本が追加点を決めて、勝利を大きく引き寄せた。矢板中央も14分に長谷部が1点を返したが、反撃もここまで。矢板中央に公式戦初黒星を付けた中央学院が、全国への切符を最初につかんだ。

関連記事

  1. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号5 FP齋藤日向(…
  2. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 中央学院高 vs …
  3. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 準決勝 作陽高 v…
  4. 【U-18選手権2018】帝京長岡、2度目の全国制覇の立役者 キ…
  5. 【U18選手権関東】GK吉沢亮と後半から出場のFP大塚尋斗が2ゴ…
  6. 【GAViC杯】前回大会と同一カードの決勝、前半は互いに譲らず1…
  7. 【U18選手権関東】すみだファルコンズが初の関東制覇! 中央学院…
  8. 【GAViC杯】前半に怒涛のゴールラッシュを見せた東京が大阪に快…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。