矢板中央

【U18選手権関東】前回王者・矢板中央が関東最後の切符をつかむ! 伊奈を振り切り5点差で勝利

7.15 U-18選手権関東大会3位決定戦 矢板中央 8-3 伊奈 栃木県北]
5回全日本ユース(U-18)大会関東予選は15日、3位決定戦を栃木県立県北体育館で行い、大会連覇を目指す矢板中央高(栃木)と初の全国出場を目指す伊奈高(茨城)が対戦した。試合は8-3で矢板中央が勝利し、2大会連続での全国大会出場を決めている。

準決勝の中央学院高(千葉)戦で、フットサルに取り組み始めてから初の公式戦黒星を喫した矢板中央だが、この試合ではゴールラッシュを見せる。キックオフから36秒、関東大会終了後はサッカーに専念するFP飯島翼とFP大塚尋斗のコンビで先制点を挙げると、3分にも縦パスを受けたFP長谷部琉馬がゴールを決めて2点をリードする。

簡単に2ゴールを奪った矢板中央は、そこから守備がルーズになる。伊奈はそこを逃さずにGKのロングスローが相手にあたってこぼれたボールをFP小菅蓮がゴールに決めて、1点を返すと、6分にもカウンターからFP西ノ原輝がGKとの11をループで制して2-2の同点に追いついた。

追いつかれた矢板中央は、再びギアをあげて攻め込む。7分には左サイドから大塚がシュートを決めて3-2とリードを取り戻すと、8分にも飯島のドリブルからラストパスを受けたFP平山稔真がゴールを決めて再び2点差をつける。さらに前半15分にもCKからFP在間陽平がゴールを決めて5-2として前半を終了した。

後半に入ると矢板中央は、全国大会に出場する2年生の出場時間を長くしていく。それでも優勢に試合を進めると、後半2分にはFP岸田剣虎のゴールで4点差をつける。2分には伊奈もFKのこぼれ球をFP靜野颯太が押し込んで3点目を奪ったが、反撃もここまで。

その後、矢板中央は後半3分にショートカウンターからFP加藤蒼大がGKDFの逆を突くシュートを決めると、同9分にもFP石神翼が追加点を挙げて、8-3とした。

このまま試合は終了し、矢板中央が8-3で勝利。昨年の全国大会で旋風を巻き起こした矢板中央が2大会連続での全国大会の出場権をつかんだ。

関連記事

  1. 【Fリーグ】目標は全日本ユースU-18フットサル大会優勝! 大阪…
  2. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 白樺学園高 vs …
  3. 【U-18選手権関東】「完璧」な誕生日弾の矢板中央FP飯島翼は関…
  4. 【PH】伊奈高等学校vsデルミリオーレクラウド群馬(48枚)
  5. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 野洲高 vs 作陽…
  6. 【U-18選手権】2大会ぶり優勝を目指す帝京長岡に強力援軍! 元…
  7. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 シュライカー大阪 …
  8. 第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会 白樺学園高 vs …

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。