Fリーグ

【Fリーグ】名古屋が浦安を6-2で破り、今季11勝目で無敗をキープ‼

[9.7 F113節 名古屋 6-2 浦安 丸善]
F
リーグは7日、第13節を行い、名古屋オーシャンズとバルドラール浦安が対戦した。試合は6-2で名古屋が勝利している。なお、この試合の観客数は、278人だった。

浦安のGK藤原潤にとって、Fリーグ通算300試合出場となる一戦。前回の対戦では4-1の勝利を収めていた名古屋が、ボールを保持する時間が長くなる。

速攻からチャンスを狙う浦安は、前半5分にキャプテンのFP加藤竜馬が自陣からロングシュートでゴールを狙う。ボールは枠を捉えたがGK篠田がクロスバーの上にはじき出し、得点を許さない。

先に試合を動かしたのは名古屋だった。前半6分にCKを得ると、FP安藤良平がボレーシュートを枠に飛ばす。GK藤原が弾いたボールに、FP八木聖人が詰めてゴールを決めた。

FP3セットにわけて戦う名古屋と、9人のFPを回す浦安。1点ビハインドの浦安は、名古屋の攻撃に耐えながら、反撃の機会をうかがう。前半13分にはGK藤原のスローを受けたFP永島俊がシュートチャンスを得たが、GK篠田に防がれる。その後もFP田中優輝、FPディドゥダがゴールを狙うが、得点を決められない。

名古屋の攻撃を防ぎ、カウンターを仕掛ける浦安は前半16分にも右サイドでファウルを受けて、FKを得る。ここでアルベルト・リケル監督はタイムアウトを取った。タイムアウト明け、サインプレーを試みた浦安だが、名古屋がこれを防ぐ。ボールを奪ったFPヴァルチーニョがそのままドリブルからシュート。GK藤原が弾いた所に詰めていた安藤が押し込み、名古屋が点差を広げた。この直後にも名古屋は、FPルイジーニョの落としたボールをヴァルチーニョがゴールに蹴りこみ、一気に3点差をつけた。

畳みかける名古屋は、その後もFP星龍太のボレーシュートなどで浦安ゴールを脅かす。その後も名古屋は試合をコントロール。前半を3-0とリードしたまま終えた。

後半に入り、浦安はGKを揚石創に変更。名古屋もセットを変えて、安藤、FPペピータ、FP西谷良介、FP星翔太というセットでスタートした。

前線からのプレッシングが、前半以上にしっかりかかっている名古屋が、浦安にボールを運ばせない展開となる。しかし名古屋もシュートを決めきれずに、時間が過ぎていった。

後半10分には浦安がバックパスの反則を犯し、名古屋に間接FKが与えられたが、ルイジーニョのシュートはGK揚石に防がれる。活路を見いだせない浦安は後半12分、石田をGKにしてパワープレーを開始する。

しかし、その直後、名古屋は浦安の攻撃をしのぎ、FP平田ネトアントニオマサノリがパワープレー返しを決めて4点目を挙げた。14分には浦安もショートカウンターからFP宮崎岳が今季6点目となるゴールを決めて、1点を返した。

名古屋はその後もカウンターからチャンスをつくり出すが、ボールがわずかにゴールを外れて行き、得点を決めることができない。それでも16分にはキックインからルイジーニョがボレー。流れたボールを星龍太がファー詰めすると、これがゴール前の浦安の選手に当たってゴールに決まった。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

浦安は残り51秒、PA内でFP野村啓介が倒されてPKを獲得。これを野村が自ら決めて、2-5とした。しかし、浦安の反撃もここまで。名古屋は平田のパスを受けた斎藤がゴールを決めて、6点目を奪う。このまま試合は終了し、名古屋が勝ち点3をつかんでいる。

 

関連記事

  1. 【Fリーグ】CKから先制点演出のFP滝田 「1試合平均1点は、必…
  2. 【オーシャン杯】タイトルを目指すすみだ 須賀雄大監督「あらためて…
  3. 【Fリーグ】決勝ゴールで3連勝を呼んだ浦安FP荒牧「勝負所で力が…
  4. 【日本代表】名古屋合宿のメンバーが発表、FP森岡薫らが復帰!! …
  5. 【Fリーグ】エース水上玄太2ゴールの北海道が4カ月ぶり勝利 浦安…
  6. 【オーシャン杯】大会連覇を目指す名古屋が決勝進出! 町田はFP森…
  7. 【Fリーグ】中断明け5敗目を喫し、優勝争いから後退のすみだ 須賀…
  8. 【FリーグPO】過去最高の3位になったからこそ見えたもの 湘南F…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。