Fリーグ

ロベカルがFリーグに降臨! 悪魔の左足で4ゴールを奪取し公式戦フル出場を宣言!?

サッカー史に名を残す左サイドバック、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏が、Fリーグの舞台にやってきた。98日、丸善インテックアリーナ大阪で開催されている大阪セントラルの2日目に行われたエキシビションマッチに出場したロベルト・カルロス氏は、4ゴールをたたき出し、集まった1,500人の観衆を喜ばせた。

Fリーグが、その未来をかけて行ったエキシビションマッチは、「Abema TV DREAMS」と「F.LEAGUE DREAMS」による対戦だった。「AbemaTV DREAMS」には、FC東京やG大阪などで活躍した元サッカー日本代表の右サイドバックである加地亮氏、ヴィッセル神戸などで活躍したDF近藤岳登氏の元Jリーガーコンビに加え、Fリーグで活躍する現役ブラジル人選手が多数、名を連ねた。また、「F.LEAGUE DREAMS」には、元フットサル日本代表監督のアデマール・マリーニョ氏、サッカーとフットサルの日本代表歴を持つ北澤豪氏をはじめ、元フットサル日本代表の相根澄氏、藤井健太氏、鈴村拓也氏、村上哲哉氏、佐藤亮氏が参戦。また、アグレミーナ浜松のGK石黒紘久とエスポラーダ北海道のFP宮原勇哉の現役2選手も、メンバー入りを果たした。

12分ランニングタイムで行われた試合は、開始1分も経たないうちに動く。昨季まで現役Fリーガーだった「F.LEAGUE DREAMS」の佐藤氏が先制点を挙げると、ロベルト・カルロス氏に花を持たせたいブラジル人Fリーガーたちが激怒。試合はいきなりヒートアップする。2002年の日韓W杯優勝など、数々のタイトルを獲得してきたロベルト・カルロス氏も闘志に火が付いたようで、先制点から1分後には、最前線まで走り込み、ルイジーニョ(名古屋)からのパスを受け、1タッチシュートを決めて1-1の同点に追いついた。

さらに6分には、「AbemaTV DREAMS」のボラ(すみだ)が、現役時代さながらのハードディフェンスを見せる「F.LEAGUE DREAMS」の鈴村拓也氏に倒されて、FKを獲得する。壁には左からマリーニョ氏、北澤氏、鈴村氏、相根氏が入ったが、ロベルト・カルロス氏が助走をとると、北澤氏と鈴村氏の間がぱっかりと開き、シュートはゴールを守る石黒へ。それでも石黒はこのシュートを止めてピンチを凌いだ。

ところがその1分後、今度は流れの中からロベルト・カルロス氏にシュートチャンスが訪れる。ボラとのワンツーでリターンパスを受けると、マークが一瞬寄せきれなかった。そこを逃さずに左足のトゥーで蹴られたボールには、石黒も反応できず。「AbemaTV DREAMS」がロベルト・カルロス氏の2ゴールで逆転した。 

スライドショーには JavaScript が必要です。

ハーフタイム、日本フットサル委員会の委員長でもある北澤氏が、外交手腕を発揮。ボラの引き抜きに成功すると、さらにエキシビションの主役でもあるロベルト・カルロス氏も「F.LEAGUE DREAMS」の一員に取り込んでしまった。

次に試合が動いたのは、後半8分だった。ゴール前、やや左の位置でFKを得た「F.LEAGUE DREAMS」は、ロベルト・カルロス氏とマリーニョ氏がFKをける体制をとる。ゴールマウスのGKフィウーザ(湘南)が、悪魔の左足を警戒する中、マリーシアの塊のような64歳が右足のアウトサイドで壁の外側を通すFKをゴールに蹴りこんだ。あまりにも見事だったFKについて、試合中にも関わらず問われると、「試合前にロベカルに『こうやって蹴るんだ』って教わった」と満面の笑みで答え、いくつになってもフットボールの技術は高められることを証明した。

同点に追いついた「F.LEAGUE DREAMS」は、その1分後にも、急遽、助っ人として出場することになった宇田川雄翔(大阪)のパスを受けたロベルト・カルロス氏が、逆転ゴールを決めて3-2とリードした。

ロベルト・カルロス氏がハットトリックを達成し、このまま試合が終わるかと思われたが、「Abema DREAMS」は、点を取る気満々のロドリゴ(湘南)を投入。ファーストプレーからエンジン全開でゴールを狙いに行った湘南の10番はしっかりと見せ場をつくり出し、残り21秒でオーバーヘッドシュートを決めて、試合を振り出しに戻した。

F.LEAGUE DREAMS」のキックオフで試合が再開されるた直後、軽い接触を見逃さなかった小崎知広国際審判員はファウルをとり、「F.LEAGUE DREAMS」に第2PKが与えられた。キッカーを務めるのは、ロベルト・カルロス氏。長い助走から強烈なシュートを蹴ることが予想されたが、意外にも助走は短かった。それでも正確にシュートを突き刺し、「F.LEAGUE DREAMS」が4-3で勝利している。

 試合を終えたロベルト・カルロス氏は、「今日はありがとうございました。素敵な大会に呼んでもらい、プレーさせてもらい、非常に楽しかったです。ありがとうございます。今日の試合は楽しませてもらいましたし、ずっと思い出に残る試合です」と、感謝のコメントを述べた。

 この試合でプレーしたことで、翌日(9日)に控えたFリーグの公式戦出場に向けても、手ごたえを得られたようだ。「明日ももう一試合あります。今日は楽しむ試合でしたが、明日は勝ち点が懸かっているので、チームが勝つように、そして明日は会場が満員になるように、みなさん、ご協力よろしくお願いいたします。明日は真剣勝負になります。チームメイトになる若い選手たちには、まず楽しむことが大事だと伝えたいです。そして、彼らの若さ、運動量、スピードを生かして、一緒にプレーしたいなと思います」と、話した。

 さらに、明日はどれくらい出場できそうですか? と問われると「全部(40分間)出られますよ」と笑顔。そして「監督がいますから、監督次第です」と、付け加えている。

ロベルト・カルロス氏が参戦するFリーグ第13節、Fリーグ選抜vsヴォスクオーレ仙台の試合は、914時半に丸善インテックアリーナ大阪でキックオフを迎える。悪魔の左足は、公式戦の舞台でも健在なのか。大きな注目が集まる。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

 

関連記事

  1. 【オーシャン杯】4分で2失点のFリーグ選抜は立川・府中に敗れて8…
  2. 【PH】第33節 名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレ(45枚)…
  3. 【Fリーグ】オールスター初ゴールを挙げたFP水上(7枚)
  4. 【Fリーグ】ホーム全勝を継続の町田 岡山監督「チームが一つになっ…
  5. 【PH】F1第9節 仙台がFリーグ選抜を破ってリーグ戦3試合ぶり…
  6. 【Fリーグ】大阪が5得点を挙げてすみだに勝利! 5連勝で暫定2位…
  7. 【Fリーグ】2018シーズンからの2ディビジョン制導入を発表 神…
  8. 【Fリーグ】府中のFP宮田義人が全治6週間の負傷 選手権の出場は…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。