Fリーグ

【Fリーグ】FPヴァルチーニョがハットトリックの名古屋が仙台に大勝!!

[11.23 F123節 名古屋 5-0 仙台 オーシャン]
F
リーグ・ディビジョン123日に第23節を行った。第2試合ではリーグ首位の名古屋オーシャンズと、9位のヴォスクオーレ仙台が対戦した。試合は5-0で名古屋が勝利している。

2クールまで無敗を維持している名古屋は、序盤からボールを保持して仙台のゴールに迫っていく。前半12分には、ゴール前の混戦からFPヴァルチーニョが先制点を決めると、その40秒後にもFPルイジーニョがGK税田拓基を外して冷静にゴールネットを揺らし、名古屋が2点をリードした。

立て続けに失点した仙台は、タイムアウトを取る。試合再開後にはマルロンをフライングGKにしてパワープレーを開始。数的優位をつくって名古屋陣内でボールを回すが、守備を崩すまでには至らない。

ようやく前半16分、仙台はカウンターからFP井上卓が決定機を迎えたが、シュートは左ポストをたたき、得点できない。ここから仙台がチャンスを作る場面もあったが、GK関口優志の好守もあり、スコアは動かなかった。

仙台がパワープレーを辞めると、名古屋は再び攻め込んだが、FP西谷良介のループシュートがGK税田に阻まれるなど、得点を決められない。このまま前半は2-0と名古屋がリードして折り返した。

名古屋は後半3分にも敵陣でパスをカットしたヴァルチーニョがゴールを決めて、3点差をつける。仙台もFP内野脩麻がゴール前に入れたボールに、井上がファー詰めで合わせようとするなど、ゴールに迫る場面もあったが得点を決められない。

逆に名古屋は6分に、FP星翔太からのパスを受けたFP平田ネトアントニオマサノリが得点を決めて、4点目を取り切った。その後も名古屋はFP齋藤功一がゴール前で2度シュートチャンスを得たが、ここは決められない。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

仙台は後半9分から再びパワープレーを仕掛ける。しかし、名古屋の守りは堅く、シュートシーンを作り出せない。17分には関口がパワープレー返しでゴールを狙ったが、ロングシュートは右ポストに嫌われる。それでも17分、ヴァルチーニョがパワープレー返しでハットトリックを達成した。名古屋は終盤にも齋藤がゴールを狙ったが、得点は決められず。それでも5-0で勝利し、勝ち点を58にのばしている。

 

関連記事

  1. 【Fリーグ】オールスター戦後 FP皆本晃選手コメント 「ボラは違…
  2. 【Fリーグ】町田が新たにユースチーム(U-18)を設立へ
  3. 【F1】後半に打ち合った浦安と大分の一戦は、2-2のドローで決着…
  4. フットサルメディアによる「フットサル大賞2016-2017」が開…
  5. 【F2】2018/2019シーズン、F2準優勝の横浜がセレクショ…
  6. 【F1】アグレミーナ浜松 寺田順通取締役・Fリーグ実行委委員のコ…
  7. 【Fリーグ】湘南の課題を指摘するGKフィウーザ 「ディフェンスの…
  8. 【F2】すみだFP清水誠也が北九州へ期限付き移籍! 「自分にでき…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。