Fリーグ

【Fリーグ】ラスト2分で4点差を追いついた大分が、大阪と勝ち点1を分け合う

[11.23 F123節 大阪 5-5 大分 オーシャン]
F
リーグ・ディビジョン123日、第23節を行い、オーシャンアリーナの第3試合では2位のシュライカー大阪と6位のバサジィ大分が対戦した。試合は5-5の引き分けに終わっている。

前半4分、大分は左サイドからFP田村友貴が強烈なシュートを突き刺し、1点を先制した。大分も8分にFP森村孝志がシュートのこぼれ球を押し込んで得点を決め、1-1の同点に追いつく。

大分は12分にもFP山田ラファエルユウゴがゴールを狙ったが、シュートは右に外れていった。その後も大分が大阪を押し込む展開になり、前半17分には大阪のファウルが5つを数える。しかし、大阪もしっかりファウルをコントロール。その後は得点が決まらないまま、前半は1-1で終了した。

後半も互いに譲らない中、大阪はFPアルトゥールのパスカットから、ボールを受けたFP相井忍が受け、FP堀米将太がシュートを放つチャンスをつくったが、枠をとらえきれなかった。

後半に入り、ポゼッションで大分を上回る大阪は、8分にFP稲田瑞穂が倒されてFKを獲得する。アルトゥールが直接ゴールを狙ったが、壁に跳ね返された。8分、大阪は左サイドから相井が強烈なシュートをたたき込み、再びリードを奪った。その1分後にも大阪は、GKマルセロのパスをカットしたアルトゥールが田村友とのワンツーからゴールを決めて、一気にリードを2点とした。大阪は後半15分にもFP芝野創太がゴールを決めて、4-1と点差を広げると、17分にもFP加藤未渚実のシュートのこぼれ球を芝野が押し込み、5-1と勝利を決定づけた。

しかし、試合は終わっていなかった。プレーオフ進出のためには負けられない大分も、山田が積極的にミドルシュートを放つが、得点はできない。点差をつけた大阪は、連戦に備えて若手も起用しながら、大分の攻撃を凌いでいく。大分は残り2分を切り、FP白方秀和をフライングGKにしてパワープレーを開始。その直後、FP田村龍太郎がゴールを決めて、1点を返した。さらに残り1分を切ってからも同じ形で田村龍がゴールを決め、2点差に詰め寄った。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

大分の勢いは止まらない。残り36秒で山田がゴールを決めて、1点差に詰め寄る。さらに残り12秒でFP仁部屋和弘が同点ゴールを決めて、5-5の同点に追いついた。ラスト2秒からのキックイン、仁部屋がゴール前に入れたボールはクロスバーをたたき、勝ち越すことはできなかったが、大分が5-5の同点に持ち込んでいる。

関連記事

  1. 【Fリーグ】北海道がFP本田拓磨とFP辻井史也の退団を発表
  2. 【Fリーグ】上位キラーのF選抜が2位の立川・府中から今季最多7点…
  3. 【Fリーグ】大分と引き分け6戦無敗の府中 谷本監督「前半戦で連敗…
  4. 【Fリーグ】2シーズンぶりにFリーグ出場のFP高溝 「まだこれか…
  5. 【Fリーグ】北海道が中断期間を利用し、若手選手を中心にタイ遠征を…
  6. 【Fリーグ】元サッカーブラジル代表DFロベルト・カルロスがFリー…
  7. 【Fリーグ】ハイレベルなチーム内競争を明かす大阪FP佐藤 「日本…
  8. 【Fリーグ】府中が4試合ぶりの勝利 浜松はホーム最終戦を勝利で飾…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。