Fリーグ

【Fリーグ】F選抜の追撃をかわし、大分が7-3で勝利をつかむ

[11.24 F124節 F選抜 3-7大分 オーシャン]
Fリーグ・ディビジョン124日、第24節を各地で行い、オーシャンアリーナの第1試合ではFリーグ選抜とバサジィ大分が対戦した。試合は7-3で大分が勝利している。

前日の試合で北海道に完勝したF選抜と、残り2分から4点のビハインドを取り戻して大阪と引き分けた大分。良い雰囲気でこの試合を迎えられた両チームの試合は、前半7分、FP仁部屋和弘のCKを受けたFPヴィトンが鋭いシュートを決めて、大分が1点を先制する。その2分後にも攻め込む大分は、FP吉田圭吾のシュートがゴールラインを割ったという判定になり、2点をリードした。

F選抜の高橋優介監督はタイムアウトを取るが、大分を相手に守る時間が長くなる。13分にも大分は、F選抜の守備を崩し切って仁部屋がゴールを決めてリードを広げた。

なかなかチャンスをつくれていなかったF選抜は、16分にFP伊藤圭汰がシュートを打ちに行こうとしたところで倒されてFKを得る。FP三笠貴史が放ったシュートは、壁に当たって跳ね返ったが、こぼれ球を自ら決めて、1点を返した。

大分は後半19分にも、FP田村龍太郎がGK坂桂輔と1対1になったが、シュートを右に外して追加点を挙げられない。前半終了間際、ボールを持ったF選抜もシュートまでいくことはできず、前半はこのまま3-1と大分がリードして折り返した。

後半も大分の攻勢が続く。2分には右サイドからFP白方秀和がシュートを放ったが、クロスバーに嫌われて得点はできない。それでも5分にはFPレイチが寄席の甘くなったところを逃さずに強烈なシュートをたたき込み、4-1と3点差をつけた。

F選抜もFP瀧澤太将、FP漆原玲が強烈なシュートを放つが、GK橋野司に阻まれてしまう。同10分には、仁部屋が伊藤からボールを奪い、フィニッシュを放つ。ゴール前を固める相手にシュートが2度はじかれたが、最後はオーバーヘッド気味に決めて、5-1とした。

13分にF選抜はGK坂がハイボールをキャッチし、自らドリブルを開始してシュートを打ったが、GK橋野に止められる。残り時間6分強で、F選抜はFP水谷颯真をフライングGKにしたパワープレーを開始する。14分には瀧澤がゴールを決めて、2-5と3点差に詰め寄った。

F選抜は三笠や伊藤のシュートでゴールに迫るものの、あと一歩ゴールネットを揺らせない。逆に17分にはFP田村研人のパワープレー返しが決まり、大分が再び点差を4点に広げた。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

ここで高橋監督はタイムアウトを取ると、試合再開後に新井がゴールを決める。しかし、F選抜の反撃もここまで。残り0.3秒でGK橋野がパワープレー返しを決めた大分が7-3で勝利している。

関連記事

  1. 【海外】浦安退任の高橋健介監督、インドネシア代表の総監督に就任 …
  2. 【Fリーグ】練習中に負傷の町田FP甲斐修侍は全治2カ月 全日本選…
  3. 【Fリーグ】反撃のゴールも敗戦に涙の町田FP日根野谷「点差は4-…
  4. 【Fリーグ】3連勝で自信を深める浦安 米川監督「強くなってきてい…
  5. 【Fリーグ】ハットトリックでダービーの勝利をもたらした町田FP森…
  6. 【F1】全33節を終えて14得点、日本代表候補にも選出されたFP…
  7. 【オーシャン杯】Fリーグ選抜から先制点を奪った立川・府中FP内田…
  8. 【Fリーグ】大阪の元日本代表FP村上が今季限りで引退 「最後に最…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。