Fリーグ

【Fリーグ】終盤のFPルイジーニョ弾で名古屋が立川・府中と引き分けて無敗をキープ!

[11.24 F124節 名古屋 3-3 立川・府中 オーシャン]
F
リーグは24日、第24節を行いオーシャンアリーナの第3試合では名古屋オーシャンズと立川・府中アスレティックFCが対戦した。試合は3-3で引き分けに終わっている。

前日の試合で勝利し、第3クールを白星でスタートさせた両チーム。序盤から気持ちのぶつかり合う激しい一戦となった。前半7分、名古屋はゴール前のこぼれ球をFPルイジーニョがゴールに決めて1点を先制する。しかし、立川・府中もその2分後、FP皆本晃のCKがオウンゴールをうみ、11の同点に追いついた。

前半の終盤には、立川・府中が6つ目のファウルをおかし、名古屋に第2PKが与えられる。しかしFPペピータのシュートは枠をとらえられず、前半は1-1で折り返した。

後半の立ちあがり、立川・府中はFPマルキーニョがゴールを決め、逆転に成功する。だが、今季無敗の名古屋も譲らずに、すぐにFP星翔太がゴールを決めて2-2に戻す。

8分には立川・府中が追加点を決める。FP渡邉知晃が運んだボールをマルキーニョが受け、最後はFP上村充哉がゴールを決めて、3-2と再びリードを奪った。

1点を追う名古屋は、立川・府中のゴールに迫るものの、体を張った守備に阻まれ、なかなかゴールを割ることができない。立川・府中もカウンターを仕掛け、リードを奪おうとするが、FP酒井遼太郎のシュートが枠を外れるなど、こちらもゴールを決められなかった。

残り3分強、名古屋は西谷をフライングGKにしてパワープレーを開始。しかし、立川・府中の守備も堅く、ゴールを奪えない。立川・府中もFP完山徹一が自陣からロングシュートでパワープレー返しを狙ったが、右に外れていった。試合終了目前、名古屋はルイジーニョがゴールを決めて、3-3の同点に追いつく。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

試合再開後、立川・府中はカウンターから内田がGKと1対1になるチャンスを得たが、シュートはGK篠田龍馬に阻まれた。残り6秒、立川・府中はタイムアウトを取り、パワープレーを開始したがFP皆本晃のシュートは枠外へ。このまま試合は終了し、3-3で勝ち点1を分け合った。

関連記事

  1. 【選手権】昨シーズン国内無冠の名古屋が3冠達成! 西谷良介、ラフ…
  2. 【Fリーグ】仙台がFP田口のトップチーム昇格を発表 「ようやくス…
  3. 【Fリーグ】大阪のFP奥田が今シーズン限りで現役を引退 「選手権…
  4. 【オーシャン杯】完敗を認める名古屋サテライト 若山伸太郎監督「ス…
  5. 【オーシャン杯】名古屋が大阪に3発快勝で2大会連続7度目のリーグ…
  6. 【F2】北九州が首位の横浜を撃破! 今季初の5連勝を飾る
  7. 【Fリーグ】2018年も強い湘南! 後半の4ゴールで浜松を破って…
  8. 【Fリーグ】上咽頭がんを乗り越えた元日本代表FP鈴村拓也が今季限…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。