フウガドールすみだ

【F1】名古屋が無敗のまま、レギュラーシーズン1位でPOファイナル進出を決める! AFCクラブ選手権出場権も獲得!

1.6 F128節 すみだ 3-4 名古屋 墨田区総合]
F
リーグ・ディビジョン16日、第28節のフウガドールすみだ対名古屋オーシャンズを墨田区総合体育館で行った。試合は4-3で名古屋が勝利し、レギュラーシーズン1位を決めた。名古屋は賞金300万円と今夏のAFCフットサルクラブ選手権の出場権を獲得。また、プレーオフ・ファイナルが名古屋のホームアリーナである武田テバオーシャンアリーナで開催されることも決定している。

2019年、Fリーグ最初の試合となった一戦。試合開始直後に主導権を握ったのはホームのすみだだった。前半4分には速攻からFP岡村康平、FP宮崎暁とボールをつなぐと、最後はゴール前に詰めたFP春木啓佑がスライディングでボールをゴールに流し込み、すみだが1点を先制する。その後もすみだは、GK関口優志を脅かす場面を作ったが、追加点は挙げられなかった。

すると前半5分、名古屋が素早いボール回しですみだの守備を崩し、最後はFPペピータのパスを受けたFP西谷良介がゴールネットを揺らし、1-1の同点に追いつく。これで勢いづいた名古屋は、その直後にもFPルイジーニョがゴールを決めて2-1とリードを広げた。

2019年のホーム初戦、負けられないすみだも12分には名古屋のゴール前でのミスを逃さず、ショートカウンターからFPガリンシャが同点ゴールを決め2-2に追いつく。その後、名古屋は5つ目のファウルを取られたが、試合は動かずに前半を2-2のまま折り返した。

後半の立ち上がりから、名古屋は圧力をかけてすみだゴールに迫る。後半2分にはFP吉川智貴のゴールで再びリードを奪った。その後も、ルイジーニョのシュートがクロスバーを叩くなど、追加点を予感させるプレーを見せていく。

後半13分、攻め続ける名古屋はヴァルチーニョのミドルシュートで、ついにリードを2点に広げた。しかし、すみだも譲らずに速攻からオウンゴールですぐに1点差に戻す。

すみだは残り3分を切り、FP大薗諒をフライングGKにし、パワープレーを開始する。ボールを保持したすみだは、ボラのボレーなどチャンスをつくったが、名古屋の守備を崩しきれなかった。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

このまま試合は終了し、名古屋が4-3で勝利。昨季に続き、レギュラーシーズン1位を決めている。

関連記事

  1. 【Fリーグ】オールスター出場24選手が決定! 最年長FP甲斐修侍…
  2. 【Fリーグ】神戸が終了間際の劇的弾ですみだを破り、最下位を脱出
  3. 【Fリーグ】4位・町田が3位すみだとの東京ダービーを制し、勝ち点…
  4. 【Fリーグ】ルーキーイヤーを振り返る北海道FP小幡貴一 「あっと…
  5. 【Fリーグ】森岡2世、名古屋FP平田マサノリの帰化が承認 「フッ…
  6. 【Fリーグ】名古屋のドバイ遠征が中止に 名古屋サテライトはタイで…
  7. 【オーシャン杯】名古屋が大阪に3発快勝で2大会連続7度目のリーグ…
  8. 【PH】第33節 名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレ(45枚)…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。