Fリーグ

【F1】FP新田駿の初出場初ゴールなどで、名古屋が湘南を6-2と圧倒! レギュラーシーズン無敗に王手!

[2.9 F1第32節 名古屋 6-2 湘南 駒沢屋内]
Fリーグ・ディビジョン1は9日、第32節の4試合を行い、第3試合ではリーグ首位の名古屋オーシャンズと湘南ベルマーレが対戦した。試合は6-2で名古屋が勝利している。

試合は開始早々に動く。13秒、名古屋はCKを得るとFP八木聖人のパスからFPヴァルチーニョがゴールを決めて、1点を先制した。さらに名古屋は同2分にも八木が左サイドからカットイン、FP鍛代元気を振り切ってニアサイドにゴールを決めた。

その後も名古屋はカウンターからFP西谷良介のパスを受けたFPペピータがゴールを狙ったが、シュートは枠を捉え切れなかった。

名古屋は7分にも八木のパスからFPルイジーニョがシュート。一度はGKフィウーザに弾かれたが、こぼれ球を押し込み、リードを3点差に広げた。

湘南もFPロドリゴを中心に反撃を仕掛けたが、GK関口優志の好守もあって得点を挙げられない。前半14分には、Fリーグ初出場となったFP新田駿が左サイドでボールを受けて中にカットイン。マークを外し、右足でシュートを決めてリードを4点とした。

リードされた湘南もFP大徳政博がロドリゴとのワンツーでゴール前に侵入し、GK関口をかわしてゴールネットを揺らした。ここから試合の流れがやや湘南に傾いたが、名古屋は18分にキックインからペピータがゴールを決めて、5-1と点差を広げて前半を終えた。

後半、湘南はGKフィウーザに代えて、GK上原拓也を起用した。後半3分に湘南はロドリゴがボールを奪い、カウンターを仕掛けたが、八木がファウルでロドリゴを止めて湘南の攻撃を切った。

湘南は後半6分、右サイドでFP植松晃都がFP酒井ラファエル良男を振り切り、ゴール前に速いボールを入れる。これをFP高橋広大がゴールに押し込み、3点差に点差を縮めた。

その後も湘南はロドリゴのパスから、FP高溝黎磨がシュートチャンスを迎えたが、枠の左に外してしまった。その後も湘南が押し込む時間が続いたが、得点を決められなかった。

試合終盤には、湘南のGK上原が攻め上がり、パワープレーのような形になったが、逆に関口がパワープレー返しを決めて勝負あり。名古屋が6-2で勝利し、無敗をキープ。レギュラーシーズン無敗に王手をかけた。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【Fリーグ】名古屋の得点源FPシンビーニャはオールスターでも1ゴ…
  2. 【Fリーグ】名古屋の櫻井嘉人代表取締役・GMのコメントまとめ 「…
  3. 【Fリーグ】AbemaTVで振り返ろう!! 3点のビハインドをモ…
  4. 【Fリーグ】エース水上玄太2ゴールの北海道が4カ月ぶり勝利 浦安…
  5. 【オーシャン杯】打倒・町田のキーマンとなるU-20代表候補GK田…
  6. 【Fリーグ】名古屋がすみだを破って開幕7連勝! FP清水和也は墨…
  7. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号6 FP植松晃都(…
  8. 【Fリーグ】名古屋はシンビーニャ弾で先制もホームで府中とドロー、…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。