Fリーグ

【F1】ラスト9秒でFP新井裕生が恩返し同点弾! F選抜とドローの浜松は入れ替え戦行きが決定

[2.10 F132F選抜 1-1 浜松 駒沢屋内]
F
リーグ・ディビジョン110日、第32節を行い、Fリーグ選抜とアグレミーナ浜松が対戦した。試合は1-1で引き分けに終わり、浜松はFリーグ・ディビジョン2を制したボアルース長野とのF1入れ替え戦に臨むこととなった。

過去2試合の対戦では、Fリーグ選抜が5-0、4-2と浜松に連勝しているカード。しかし、浜松はこの試合に負けてしまうと、今季の最下位が確定し、F1昇格プレーオフに出場しなければならなくなる。

開始早々、浜松はFP田中智基がゴールに迫ったが、シュートを打ち切れない。その後も試合の主導権を握った浜松は、前半12分にも距離のある位置から立て続けに強烈なシュートを放ったが、GK山田正剛が得点を阻んでいる。

前半15分にはGK山田が4秒以上ボールを保持し、ゴール前で間接FKを獲得。ここからのサインプレーで元日本代表FP前鈍内マティアス・エルナンのパスから元日本代表FP中村友亮が先制ゴールを決め、浜松が1点をリードした。

先制点を挙げた後も、浜松は試合の主導権を握って追加点を狙いに行ったが、前鈍内のシュートが左サイドネットに外れて2点目は奪えない。その後の攻撃もGK山田をはじめ、F選抜の体を張った守備に跳ね返された。

F選抜も前半19分にGKのロングボールをFP北野聖夜が前線で受け、落としを受けたFP笠井大輝がシュートを放ったが、クロスバーに嫌われた。このまま前半は浜松が1点をリードして折り返している。

後半も一進一退の攻防が続く中、11分には、中村がシュートチャンスを得るがボールは右に外れていった。後半13分には、FP三浦憂の縦パスからFP齋藤日向が抜け出してシュートを放ったが、左ポストに嫌われて得点を挙げられなかった。同14分にも左サイドを着たのが攻め上がり、ゴール前に速いボールを入れたがGK石黒絋久がセーブした。

残り3分を切り、F選抜はパワープレーを開始。しかし、新井のシュートが枠外に外れるなど、得点を決められない。このまま試合が終わるかと思われた残り9秒、F選抜は右サイドから新井が左足でシュートを放つと、DFに当たったボールがゴールに決まり1-1の同点に追いついた。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

浜松も中村をフライングGKにして反撃に出ようとしたが、時間が足りずにタイムアップ。1-1の引き分けに終わり、浜松の入れ替え戦行きが決定した。

関連記事

  1. 【Fリーグ】神戸が鈴村拓也監督の来季続投を発表
  2. 【Fリーグ】今季7位・浦安の高橋健介監督が辞任「私自身の力不足」…
  3. 【オーシャン杯】Fリーグ選抜から先制点を奪った立川・府中FP内田…
  4. 【Fリーグ】浜松がFPジョン・レノンの契約解除を発表
  5. 【Fリーグ】華麗なプレーで会場を沸かせ、2ゴールのFPボラが文句…
  6. [女子選手権]悔しさをバネに圧倒的な存在感を示した丸岡ラックFP…
  7. 【Fリーグ】公式記録も4戦連発を認める! 名古屋FP星龍太「僕の…
  8. 【PH】FP新田駿、FP磯村直樹がデビューの名古屋、湘南に6-2…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。