女子

【トリム杯】“ドリームチーム”兵庫県選抜が力の差を示し、大会2連覇! 日本選抜は銀メダルに終わる

[3.17 トリムカップ決勝2019 兵庫県選抜 4-0 日本選抜 ビーコン]
トリムカップは17日に大会最終日を迎え、15時からは決勝戦が行われた。大会2連覇を目指す兵庫県選抜と、ユースオリンピックで世界2位になったメンバーが中心の日本選抜が対戦した。試合は4-0で兵庫県選抜が勝利し、大会2連覇を達成している。

兵庫県選抜の先発は、GK山本彩加、FP江口未珂、FP網城安奈、FP宮田亜里紗、FP加藤正美。日本選抜の先発は、GK須藤優理亜、FP門井恵美、FP池内天紀、FP江川涼、FP勝俣里穂となっている。

ハーフまで引いて守る日本選抜に対し、兵庫がボールを保持する展開となる。前半2分には兵庫がチャンスをつくり、FP網城安奈が強烈なシュートを放ったが、GK須藤優理亜がキャッチした。その後も兵庫は何度か日本選抜のゴールを脅かしたが、得点は決まらない。同4分には日本選抜の底辺でミスが起き、FP藤江沙樹がGK須藤と1対1になったが、出足の良い飛び出しを見せた須藤がゴールを守っている。

8分にはCKから兵庫がチャンスをつくり、網城の浮き球を加藤がボレー。ゴール左下隅を捉えたが、ここもGK須藤が反応してゴールを守った。

そんななか、やはり江口が試合を動かす。前半9分、右サイドをワンツーで攻めあがると、右足を振り抜く。シュートは左ポストに当たってゴールに決まり、兵庫県選抜が1点をリードした。

日本選抜も12分、相手のミスを突いてカウンターを仕掛ける。勝俣がDFと競り合いながらシュートを放ったが、GK山本がボールを体に当てて枠外へと弾いた。このまま前半は1-0と兵庫がリードして折り返した。

後半、立ち上がりに日本も攻め込むが、得点を挙げられない。後半3分には、兵庫が網城のドリブルからチャンスを作ると、最後は加藤がGK須藤の股下を抜くゴールを決めて、リードを2点に広げた。さらに5分には、FP高橋美香のシュート性のボールを、ファー詰めしたFP若林エリがダイビングヘッドでゴールに突き刺し、3-0とした。

日本は負傷をして準決勝を欠場したFP追野沙羅を起用する。しかし、流れは変わらずに7分には藤江が日本選抜のビルドアップをカットし、ワンツーパスのリターンを受けてシュートを決めて、チーム4点目を奪った。7分にも兵庫選抜は、左サイドを縦に崩し、折り返しに江口が合わせたが、わずかに右に外れている。

日本選抜は残り時間6分強から、門井をフライングGKとしたパワープレーを開始する。すぐにゴール前でFP山川里佳子に決定機が来たが、シュートを決めきることができなかった。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

このまま試合は終了し、4-0で兵庫県選抜が勝利し、大会連覇を果たしている。

関連記事

  1. 【トリム杯】FP江川涼弾で日本選抜が勝利! 大分との接戦を制して…
  2. 【全日本女子選手権】アレグリ・カミーニョが2大会連続準優勝の丸岡…
  3. 【AFC女子選手権】FP竹村純子がゴールを決めた直後に涙を見せた…
  4. 第15回全日本女子フットサル選手権大会トップページ
  5. 【ユース五輪】大会初戦を勝利で飾ったU-18女子日本代表 木暮賢…
  6. 【トリム杯】ユースオリンピック組の長所を語るFP横山凜花「やっぱ…
  7. 【女子Fリーグ】昨季レギュラーシーズン1位の府中が敵地で浦安から…
  8. 【女子】SWHレディースがFP奥村愛を含む、4選手の退団を発表

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。