アルコイリス神戸

【トリム杯】大会連覇を目指す兵庫が埼玉を圧倒! 7ゴールを奪う完勝で決勝進出を決める

[3.17 トリムカップ2019準決勝 兵庫 7-2  埼玉ビーコン]
トリムカップ2019は17日に大会最終日を迎え、9時半から準決勝の第1試合が開催された。兵庫県選抜と埼玉県選抜が対戦した一戦は、7-2で兵庫県選抜が勝利している。

女子日本リーグ2019のプレーオフ決勝を戦ったアルコイリス神戸とさいたまサイコロの両選手が多数、所属している両チームの一戦は、事実上の決戦とも目された。

その大一番、先手を取ったのは連覇を目指す兵庫だった。2分、左サイドを突破したFP網城安奈からゴール前に速いパスが送られる。これにファー詰めしていたFP加藤正美が合わせ、兵庫が1点を先制する。FP筏井りさの推進力を生かしてボールを前に運ぶ埼玉も、筏井が中央突破からシュートを放つが左ポストを叩いた。

兵庫は5分にFP藤江沙樹のパスからFP高橋美香がGKと1対1になるチャンスを得たが、シュートはGKに弾かれた。

9分には、立ち続けに両チームにアクシデントが起こる。相手と競り合ったさいに埼玉はFP秋田谷美里が負傷し、担架でピッチ外に運び出される。プレー再開直後、今度は兵庫のFP若林エリが頭を打って、ピッチを離れた。 兵庫が押し気味に試合を進めるものの、埼玉も体を張った守備を見せて決定的な場面は作らせない。それでも14分には、兵庫のエースであるFP江口未珂がキックインからゴールを奪い、兵庫が2-0とリードを広げた。

後半の開始時から埼玉は秋田谷がピッチに戻る。しかし2分、兵庫はCKから江口、加藤とパスをつなぎ、最後はファーポスト前でフリーになっていたFP宮田亜里沙がゴールネットを揺らし、3点目を奪う。さらに1分後にも宮田はゴール正面から得点を決めて、一気に勝利を引き寄せた。その後も攻勢の兵庫は、網城のドリブルで守備を引き付け、最後はファー詰めした江口がゴールを決めて5点目を取り切った。

神戸の勢いは止まらない。9分にも藤江が直接FKでGKの股を抜くゴールを決めると、その直後にも藤江のパスからゴール前に詰めていた高橋も得点を決め、7点目を奪った。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

埼玉も最後まで戦い抜き、13分にはFP吉川紗代がカウンターから1点を返した。さらに残り23秒で、筏井がゴールを決めて2点目を取る。しかし、反撃もここまで。兵庫県選抜が7-2の大差で埼玉県選抜を破り、決勝進出を決めている。

関連記事

  1. 【女子】女子日本リーグ第7節で、さまざまなイベントを実施(PH2…
  2. 【ユース五輪】後半の3ゴールでチリを破った日本、2連勝でベスト4…
  3. 【U-15女子選手権】グループBを勝ち抜いたのは7人で戦う秋田L…
  4. 【全日本女子選手権】決勝で完封負けを喫したSWHレディースFP網…
  5. 【全日本女子選手権】網城がハットトリックのSWHレディース、連覇…
  6. 【ユース五輪】決勝ポルトガル戦へ向けて、U-18女子日本代表がS…
  7. [女子選手権]グループC総括 大会史に残るゴールラッシュを見せた…
  8. 【女子Fリーグ】エスポラーダ北海道イルネーヴェが参戦! 5月20…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。