U-20日本代表

【親善試合】U-20日本代表、AFC U-20選手権のプレ大会で優勝! 最終戦で地元チャイニーズタイペイを撃破!!

[4.28 親善試合 U-20日本 5-1 U-20チャイニーズ・タイペイ 桃園市立体育館]

 4カ国対抗戦は28日に大会最終日を迎え、U-20フットサル日本代表は第2試合で開催地のU-20チャイニーズ・タイペイと対戦した。第1試合でU-20インドネシア代表がU-20イラン代表に3-1で勝利したため、日本は勝てば優勝となるなかで迎えた一戦。試合は5-1で日本が勝利し、AFC U-20フットサル選手権イラン2019に出場する4カ国が集ったプレ大会で優勝を果たした。

 AFC U-20フットサル選手権イラン2019を2カ月後に控え、重要な実戦の場となっている今大会。鈴木隆二監督は、GK伊名野慎を先発に抜擢。FPには、FP畠山勇気、FP髙橋裕大、FP山田凱斗、FP本石猛裕と、過去2戦と変わらない顔ぶれが並んだ。

 序盤、日本は高い位置からのプレッシングで相手に自由を与えず、試合を支配していく。前半2分にはバックパスを誘発し、ゴール前から間接FKを得たが、FP山田慈英のシュートはGKに阻まれた。同4分にはCKからFP毛利元亮がボレーでゴールを狙ったがブロックされる。

 日本の攻撃が実ったのは8分、ドリブルで仕掛けた山田凱がゴール前で相手に倒される。こぼれたボールを回収した本石が、そのままドリブルからシュートを決めて、先制点を決めた。

 ここから勢いに乗りたい日本だったが、チャイニーズ・タイペイもじょじょにカウンターから好機をつくり出す。今大会、目覚ましい活躍を見せているGK伊名野慎が2度のビッグセーブでゴールを守った。その後も日本は髙橋の押し返しから山田凱が放ったシュートがポストを叩くなど、チャンスを決められない。すると右サイドから崩され、同点ゴールを決められてしまう。結局、前半は1-1で終了した。

 後半もチャイニーズ・タイペイに対し、攻勢の日本は、後半2分にFP大澤雅士がゴールを決めて、勝ち越しに成功する。キックオフ直後には、チャイニーズ・タイペイの速攻にヒヤリとさせられるが、わずかに合わなかった。4分には山田凱がカットインからゴールを決め、3-1とリードを広げる。

 チャイニーズ・タイペイは足元を使えるGKに変更し、パワープレーを交えながら攻撃しを開始する。それでも日本は動じない。後半11分には、本石が強烈なミドルシュートを放つが、DFにブロックされる。その直後にも本石がゴール前で左足を振りぬいたが、左ポストに嫌われた。

 その後も攻める日本は、後半15分に右サイドからFP木村優太が折り返したボールを本石がゴールに決めて、4-1と3点をつける。さらに同19分には相手のビルドアップのミスを逃さず、山田凱もこの試合2点目となる追加点を決め、5-1と勝利を決定的にした。その後も日本はチャイニーズ・タイペイの攻撃をしのぎ切り、勝利を収めた。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

 この結果、日本は大会を2勝1敗で終えて、勝ち点6でインドネシア、イランと並んだが、同勝ち点の当該チーム同士の試合結果によって1位となり、4カ国対抗戦で優勝を果たしている。

関連記事

  1. 【タイランド5s】イラン戦後 岩永汰紀選手のコメント
  2. 【日本代表】ハードワークを課すブルーノ・ガルシア監督 「志向して…
  3. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号17 FP中村充(…
  4. 【日本代表】名古屋合宿2日目は2部練習を実施、午後は攻撃トレーニ…
  5. 【AFC女子選手権】日本は準優勝、後半に牙をむいたイランに2-5…
  6. 【U-20アジア選手権】最後尾で存在感を示したFP石田健太郎「い…
  7. 【Fリーグ】大阪の元日本代表FP村上が今季限りで引退 「最後に最…
  8. 【親善試合】自身の活躍する場面が少ないことを喜ぶGKイゴール 「…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。