Fリーグ

【オーシャン杯】スコアレスのまま突入したPK戦、サドンデスの末にF選抜が長野を破る

[5.14 オーシャン杯1回戦 長野 0-0 PK1-2 F選抜 八王子]
 フットサルのシーズン幕開けを告げるオーシャンカップが13日に初日を迎え、第1試合ではFリーグ選抜とボアルース長野が対戦した。試合は前後半を0-0で終えて、PK戦の末にF選抜が勝利し、2回戦進出を決めている。

 序盤からボールを保持するFリーグ選抜が、昨季をFリーグ選抜で過ごしたGK山田正剛の守るゴールを脅かしていく。前半8分にはU-20日本代表FP髙橋裕大のシュートがGK山田正に弾かれ、こぼれ球を押し込もうとしたFP磯村直樹のシュートもゴールマウスを叩くなど、ゴールを挙げられない。

 14分にもFP畠山勇気が放ったシュートにGK山田正が反応、コースが変わったボールはクロスバーを叩いた。長野はビルドアップを省略する横澤直樹監督のフットサルで、何度かゴール前にボールを送るが、ほとんど決定機はつくれなかった。F選抜は17分にもハイプレスでボールを奪ったFP熊谷利紀がチャンスを迎えるが、ここもGK山田正が対応する。

 前半終了間際には、長野のゴールクリアランスからロングカウンターを仕掛けたF選抜の畠山がGKと1対1のチャンスを得るが、シュートを決めきれず。前半は0-0で終了した。

 後半の立ち上がりは、長野の守備が機能。前半よりも高い位置でF選抜の攻撃を止められるようになり、チャンスをつくり出す。しかし、GK上原拓也のセーブもあり、得点を挙げることができない。その後もGK山田正が攻めあがってシュートを打つもののミートできず。このボールを拾ったF選抜の上原のシュートも力なく、ゴールに届かなかった。

 その後は一進一退の攻防が続き、得点が動かない。残り2分を切り、F選抜は縦パスを受けた髙橋がゴール前でチャンスを迎えるがシュートを決められず。残り51秒には、FP熊谷利紀が際どいボレーシュートを放ったが、これも決まらなかった。このまま両チームとも得点を決められず、試合はPK戦に突入する。

 PK戦では互いに1人目のシュートをGK山田正とGK上原がストップ。互いに2人目が決めたのち、先攻のF選抜は3人目のFP平井雅大のシュートが枠外へ。しかし長野もFP花嶋悠のシュートが止められて勝利を決められない。

 サドンデス1人目では、F選抜の髙橋が決めると、長野はFP塩浜ヒデキのシュートが止められて試合終了。上原が守った3本全部を止める活躍で、F選抜が2回戦進出を決めた。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

 

関連記事

  1. 【Fリーグ】2018/2019シーズン開幕! オープニングマッチ…
  2. 【Fリーグ】急遽メンバー入りしGKイゴールからFリーグ初得点の北…
  3. 【クラブアジア選手権2017】大阪の初挑戦はベスト8で終焉 タイ…
  4. 【F1】Fリーグ選抜 渡邊正人Fリーグ総務主事のコメントまとめ …
  5. 【F1】大分が日本代表GK矢澤大夢の加入を発表「優勝するために、…
  6. 【F2】今季最多1,203人を動員した北九州が4連勝! 15日に…
  7. 【PH】立川・府中が仙台とのシーソーゲームを制してファイナルへ!…
  8. 【Fリーグ】GK岩永汰紀が大阪への期限付き移籍を終え、大分へ復帰…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。