Fリーグ

【オーシャン杯】初の大会制覇を目指す湘南が立川・府中を完封して決勝進出!

[5.18 オーシャン杯準決勝 立川・府中 0-2 湘南 オーシャン]
 オーシャンカップは18日、大会4日目を迎え、武田テバオーシャンアリーナでは立川・府中アスレティックFCと湘南ベルマーレが対戦した。試合は2-0で湘南が勝利し、初の決勝進出を決めている。

 湘南がやや押し気味に試合を進めるなか、前半8分にはFPロドリゴがドリブルで仕掛けてシュートを決め、先制ゴールを挙げる。その後も立川・府中を押し込む湘南は、同8分にもスピードのあるクロスにFP林田フェリペ良孝が合わせたが、わずかに枠を捉えられなかった。

 立川・府中もジョーを起点にチャンスをつくるが、ジョーの落としを受けたFPマルキーニョのシュートも得点にはつながらない。17分にはロドリゴがファウルを受け、FKでゴールを狙ったが、ループシュートはGK田中正則にキャッチされた。

 18分には立川・府中のファウル数が5つとなり、以降のファウルから第2PKが与えられることとなったが、これ以上、ゲームは動かず、1-0と湘南がリードして前半を折り返した。

 後半3分、湘南は自陣からのロングボールを受けたFP鍛代元気が胸トラップで反転し、シュートを放つ。これがゴールに決まり、湘南がリードを2点に広げた。

 湘南は後半9分にもFP渡邉知晃のシュートをブロックしたところからカウンターを仕掛け、ロドリゴがシュートを放ったが、枠をとらえられなかった。同9分にも湘南はロドリゴが速攻を仕掛けてゴールを狙ったが、シュートは左ポストを叩いた。

 立川・府中も11分、この試合が今大会初出場となったFP皆本晃のチャンスメークから、渡邉、FP新井裕生がゴールを狙うもののGKフィウーザの守るゴールを割ることはできなかった。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

 試合時間が残り7分を切り、立川・府中はパワープレーを開始。しかし、湘南の守備を崩せないまま時間は推移していった。残り1分を切り、立川・府中はタイムアウトを取る。フライングGKを渡邉からFP内田俊太に変更した立川・府中だったが、このまま試合は終了。湘南が2-0で勝利している。

関連記事

  1. 【Fリーグ】神戸がF2降格を発表 「クラブ作りを1からではなく、…
  2. 【Fリーグ】第14節は上位6クラブがそろって勝利! 大分はFP仁…
  3. 【PH】浦安と大分の一戦は、今季3度目のドロー決着に(46枚)
  4. 【Fリーグ】PO最後の切符をつかんだのは昨季王者・大阪! 1回戦…
  5. 【Fリーグ】FP熊谷貫太郎がデビュー&初ゴール、FP清水誠也も今…
  6. 【選手権】7人目までもつれたPK戦を制し、仙台が町田を破ってクラ…
  7. 【F1】すみだがFP三笠貴史のF選抜からの復帰を発表! 新シーズ…
  8. 【Fリーグ】立川・府中の千葉岳志会長のコメントまとめ 「プレーオ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。