Fリーグ

【オーシャン杯】点の取り合いとなった東京ダービーは、町田が10-6で立川・府中を破る

[5.19 オーシャン杯3位決定戦 町田 10-6 立川・府中 オーシャン]

 オーシャンカップ2019は19日、大会最終日を迎えて3位決定戦が行われた。ペスカドーラ町田と立川・府中アスレティックFCによる東京ダービーは、激しい点の取り合いとなったが、10-6で町田が勝利している。

 立ち上がり、寄せの甘い町田に対して立川・府中が押し込む展開になる。前半3分、CKからFP新井裕生が加入後初ゴールを決めて、立川・府中が先制した。その後も立川・府中がチャンスをつくるが、FP渡邉知晃のシュートがポストをたたくなど、追加点は挙げられない。11分にもFPジョーとのコンビネーションからFPマルキーニョがシュートを放ったが、わずかに枠を外れていった。

 立川・府中に追加点が生まれたのは13分。再びCKから、今度は距離のある位置から渡邉がミドルを突き刺し、リードを広げる。町田も14分、FP新倉康明が豪快にシュートを叩き込み、再び1点差に詰め寄っている。

 さらに16分にはCKからFP森岡薫が放ったシュートが、DFに当たってコースが変わり、GK田中俊則の股下を抜け、町田が2-2の同点に追いついた。町田は18分にもハーフウェーライン、自陣に入ったところから滝田が出した縦パスをゴール前左寄りで受けたFP室田祐希がボレーシュートで合わせてゴールを決め、3-2と逆転に成功した。しかし、立川・府中も譲らない。右サイドの折り返しをエリア内で受けたジョーが、森岡をかわして浮き球のシュートをゴールに決めて、3-3の同点に追いついた。

 前半から激しい点の取り合いとなったが、町田は残り1分を切っても攻め続け、室田のシュートがGK田中に防がれる。このこぼれ球から攻撃を組み立てようとした立川・府中の横パスを室田がカット。ゴール前の森岡にラストパスを送ると、町田のエースが確実にシュートを決め、町田が4-3とリードして前半を折り返した。

 後半、立川・府中はGK茂呂翔哉を起用する。立ち上がりは町田に押し込まれたが、CKから再び渡邉がミドルシュートを決めて4-4と同点に追いついた。しかし町田も7分、森岡のミドルシュートをゴール前で室田が合わせて方向を替え、再び5-4と勝ち越した。

 さらに町田は9分にもFP横江怜がCKからボレーシュートを叩き込むと、その直後にも立川・府中のパスをカットしてカウンターからFP菅谷知寿が2試合連続のゴールを突き刺し、7-4とリードを広げた。

 13分には立川・府中も自陣からスピードのある攻撃を繰り出し、最後は渡邉がシュートを放つが、これは決まらなかった。16分には立川・府中のファウル数が5つとなり、次のファウルから町田に第2PKが与えられるようになった。

 残り4分を切り、立川・府中は新井をフライングGKにしてパワープレーを開始する。その直後には、マルキーニョのシュート性のパスをジョーが方向を変えてゴールに決め、7-5とした。しかし町田もカウンターから、FP伊藤圭汰がゴールを決めて3点差に戻す。

 あきらめない立川・府中は19分に、渡邉がミドルシュートを決めてハットトリックを達成。その後もパワープレーで攻める立川・府中に対し、町田はGK小野寺優介のスローから抜け出した室田がゴール。さらに森岡もゴールを決めて、10-6と勝利を決定的にした。このまま試合は終了し、2桁ゴールを挙げた町田が3位となっている。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆


関連記事

  1. 【Fリーグ】町田がブラジル人FPアウグストの加入を発表 「勝利と…
  2. 【日本代表】欧州遠征にFP星翔太を追加招集、全16選手でハンガリ…
  3. 【Fリーグ】浜松がFPジョン・レノンの契約解除を発表
  4. 【Fリーグ】浦安を今季限りで退団のFP小野大輔が選手権への意気込…
  5. 【Fリーグ】名古屋オーシャンズ、トップチームとサテライトが海外強…
  6. 【Fリーグ】PKでの1ゴールに満足しない すみだFP清水「もっと…
  7. 【特別寄稿】恩師から清水和也へ フットボウズ・フットサル 豊田幸…
  8. 【F2】横浜が長野との首位攻防戦を制して首位浮上! 2節を残して…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。