Fリーグ

【F1】大分、キャプテンの渡邉知晃が退場の立川・府中を破り、開幕戦白星スタート!!

[5.26 F1第1節 立川・府中 1-4 大分 駒沢屋内]

 Fリーグ・ディビジョン1は26日、第1節の2日目を駒沢屋内球技場で行った。第1試合には立川・府中アスレティックFCとバサジィ大分が対戦し、4-1で大分が勝利している。

 序盤から互いに譲らない展開から、立川・府中はセットプレーからFP渡邉知晃がボレーでゴールを狙う。大分もFP吉田圭吾や新加入のFP小門勇太がGK田中俊則の守るゴールを脅かした。

 前半8分、試合を動かしたのはバサジィ大分だった。FPレイチが右足でゴール右上にシュートを突き刺し、1-0と先制した。立川・府中も直後にFPジョーがGK矢澤大夢と1対1になり、シュートを放ったがここはGK矢澤が枠外に弾き出した。

 12分にも大分は吉田が抜け出してチャンスを迎えるが、シュートを枠に飛ばせない。17分には田村がロングボールを折り返し、FP森洸が飛び込むがシュートを枠に飛ばせなかった。

 直後の18分、立川・府中が同点に追いつく。CKからFP内田隼太がグラウンダーのボールを入れると、これを渡邉が合わせてゴールに決め、1-1に追いついた。前半の終了間際には大分が猛攻を見せるものの、GK田中がシュートをストップ。19分には大分が5ファウルとなる。前半残り37秒、立川・府中は逆転のチャンスを得るが、FP完山徹一の反転シュートはゴール左上へ外れていった。前半終了間際には、両チームともに攻め合うものの得点は挙げられず。1-1でハーフタイムを迎えた。

 後半も互いに攻め合う展開となる。後半11分、攻め込んだ大分は田村のシュートがDFに当たり、GK田中の逆を突く形となる。田中は懸命に反応してボールを弾いたが、詰めていた森がゴールを決め、大分が2-1と再び勝ち越した。さらに11分にも大分は、小門のヒールパスを受けた仁部屋がゴールを決めて3-1とリードを広げる。

 このプレーの際、立川・府中はFP上村充哉が倒れており、そのままプレーが続行されたことにベンチにいた渡邉が抗議。これにより一発退場となった。立川・府中も終盤に内田をフライングGKにパワープレーを仕掛けたが、残り21秒、逆に大分が仁部屋がパワープレー返しとなるゴールを決めて4-1とした。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

 このまま試合は終了し、大分が4-1で開幕戦をモノにしている。

関連記事

  1. 【オーシャン杯】2点をリードも、すみだに追いつかれた浦安 アルベ…
  2. 【F2】2019/2020シーズン、横浜の胸スポンサーに「吉野家…
  3. 【Fリーグ】清水和也4ゴールに、稲葉洸太郎の復帰弾! すみだが浦…
  4. 【Fリーグ】名古屋が今季最多8ゴールで仙台を撃破! 4試合ぶりの…
  5. 【Fリーグ】町田がパワープレーで浜松に逆転! FP森岡薫が負傷も…
  6. 【Fリーグ】東京ダービー2連勝の町田 岡山孝介監督「強力な相手を…
  7. 【選手権】すみだが町田アスピランチに3-0で快勝、グループ突破を…
  8. 【オーシャン杯】エゴイストになって20秒での先制点と奇跡の決勝点…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。