SBFCロンドリーナ

【U18選手権】町田U18がロンドリーナに逆転勝利! 初の全国大会出場を決める!!

[6.29 U18選手権 関東大会準決勝 ロンドリーナ 1-3 町田U-18 茅ヶ崎]

 第6回全日本U-18フットサル選手権関東大会は29日、準決勝を行い、第1試合ではS.B.F.C.ロンドリーナとペスカドーラ町田U-18が対戦した。試合は3-1で町田が勝利し、クラブ史上初の全国大会出場を決めている。

 立ち上がり、ボールを保持する時間が長かったのは町田だが、先制点を挙げたのはロンドリーナだった。前半2分、相手陣内の深い位置でキックインを得ると、ゴール前に入れた速いボールに反応したFP牧野謙心がGKの股を抜き、先制点を決めた。

 ビハインドを負った町田だが、動じることなく試合を進めていき、前半5分には同点に追いつく。敵陣でボールを奪ったFP山中翔斗が、そのまま速攻からゴールを決めて追いつく。攻勢の町田は7分にもFP甲斐稜斗がミドルシュートを決めて、逆転に成功した。

 10分過ぎからはロンドリーナもボールを保持して攻撃に転じようとするものの、町田の守備も固く、なかなかシュートまでいくことができない。ようやく14分、決定的な形をつくり、ゴール前で25番がシュートを放ったが、GK山﨑総徳にブロックされて得点はできなかった。このまま前半は町田が1点リードで折り返した。

 後半も最初にチャンスをつくったのは、ロンドリーナだった。後半1分、自陣で相手のパスをカットしてカウンターを仕掛けたが、FP野村簾が右サイドから放ったシュートは左に逸れていった。その直後にも左サイドから仕掛けたロンドリーナだったが、シュートはGK山﨑に防がれて得点はできなかった。

 ここから両チームとも譲らない、互角の試合展開となる。9分、町田は左サイドでU-20日本代表FP毛利元亮が相手に倒されFKを得るが、甲斐のシュートは壁に当たる。ロンドリーナも10分、FP薮内涼也が左サイドからカットインし、強烈なシュートを放ったが枠をとらえることはできなかった。

 後半11分にも湘南は、薮内がゴールに迫り、エリア内でボレーシュートを放つが、シュートが枠をとらえられない。その後もロンドリーナは何度か町田のゴールに迫ったが、ラストパスがわずかに合わないなど、好機を生かしきれなかった。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

 残り時間が1分半になると、ロンドリーナは薮内をフライングGKにしてパワープレーを開始する。残り30秒、町田の甲斐修侍監督がタイムアウトをとる。 試合時間残り15秒、町田は毛利のチャンスメークから、FP雲切啓太がダメ押しのゴールを記録。このまま試合は3-1で終了し、町田が関東で最初の全国行きの切符をつかんだ。

関連記事

  1. 【Fリーグ】日本代表3選手を輩出! 湘南のサテライト、ロンドリー…
  2. 【U-19日本代表】鋭いドリブルを武器に紅白戦で2アシストFP萩…
  3. 【F1】湘南GK飯田千馬がトップチーム昇格、FP山﨑歩夢が特別指…
  4. 【U18選手権関東】3大会ぶりの全国には届かず…ロンドリーナ 伊…
  5. 【PH】矢板中央 vs ロンドリーナ(48枚)

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。