Fリーグ

【U18選手権】3点先行のすみだが逃げ切り、都大会に続いて町田を撃破!

[6.29 U18選手権 関東大会決勝 ペスカドーラ町田U-18 2-3 すみだファルコンズ 茅ヶ崎]
 第6回全日本U-18フットサル選手権関東大会は29日に決勝を行った。決勝には東京都大会の決勝にも勝ち上がったペスカドーラ町田U-18とフウガドールすみだファルコンズが対戦した。試合は3-2ですみだファルコンズが勝利し、関東王者のタイトルを手にしている。

 準決勝とは異なり、両チームがファーストユニフォームを着て臨んだ一戦。序盤は町田が押し込む展開になり、FP甲斐稜人、U-20フットサル日本代表FP毛利元亮がゴールを狙っていく。しかし前半2分、すみだはロングボールをエリア内で収めたFP甘利斗亜が倒されてPKを獲得。これを甘利が自ら決めて、すみだが1点を先制した。

 これで勢いづいたすみだは、3分にもFP横田大和が強烈なシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。その後もすみだは甘利の折り返しからチャンスをつくり、町田ゴールに迫ったもののゴールは決められなかった。

 町田も前半13分にカウンターを仕掛け、FP雲切啓太のパスを受けた毛利がGKと1対1になり、ループシュートでゴールを狙ったが、GK太田圭に阻まれる。9分にも毛利のキープからFP甲斐稜人がゴールを狙ったがシュートは右に逸れる。さらに毛利は相手の底辺でボールを奪い、シュートに持ち込んだが戻ってきたDFにブロックされてボールを枠に飛ばせなかった。

 ピンチの続いたすみだファルコンズだが、前半9分には高い位置でボールを奪ったFP砂原健人からのパスを受けたFP池田拓史がゴールを決めて、リードを2点に広げた。

 その後も両チームはチャンスをつくりあったが、ともに譲らずに前半は2-0のままで終了した。

 後半に入ってからも、すみだは4分にFP竹内達哉がドリブルからゴールを決めて3点差をつけた。大量リードを許した町田も、毛利のボレーシュートなどでゴールを脅かすが、GK太田が立ちはだかる。7分にもCKから甲斐が入れたボールに毛利が合わせたが、ポストに嫌われて得点はできなかった。  攻め続ける町田は後半8分、毛利が立て続けに2得点を挙げて1点差に詰め寄る。その後も同点ゴールを目指し、攻勢に試合を進めていくが、なかなかゴールを奪えない。

 町田は残り時間2分15秒から、毛利をGKにしてパワープレーを開始。 残り27秒で町田は見事な崩しを見せたが、毛利がファーポスト前に詰め切れずに同点ゴールを挙げられなかった。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

 試合終了間際にも町田は押し込み、チャンスをつくったが、GK太田の体を張った守備もあり、追加点は許さず。このまま試合は終了し、すみだが3-2で逃げ切り、関東王者のタイトルをものにした。

関連記事

  1. 【Fリーグ】湘南がFP鍛代元気の2試合連続ゴールでF選抜を破り、…
  2. 【Fリーグ】F選抜の追撃をかわし、大分が7-3で勝利をつかむ
  3. 【オーシャン杯】FPヴィニシウス弾で逆転の町田、FP森岡薫の2戦…
  4. 【Fリーグ】10連覇を逃した名古屋 ペドロ・コスタ監督「この結果…
  5. 【Fリーグ】大分がGK檜山昇吾、FP藤川朋樹ら6選手の退団を発表…
  6. 【PHOTO NEWS】Fリーグが初のオールスターを開催! F-…
  7. 【Fリーグ】すみだがFP春木啓佑のトップ昇格を発表「自分がピッチ…
  8. 【F2】すみだFP清水誠也が北九州へ期限付き移籍! 「自分にでき…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。