Fリーグ

【Fリーグ】本拠地でのオールスターで主将を務めたFP狩野「これくらいのゲームをやれるかは、ヴォスクオーレの選手たち次第」

taku3487-1500x1124

8日にゼビオアリーナ仙台で開催されたFリーグのオールスター。F-EASTのキャプテンを務めたのは、開催地の仙台を本拠地とするヴォスクオーレ仙台から唯一選出されたFP狩野新だった。会場が大いに盛り上がったオールスターを終えて、狩野は所属する仙台が、宮城県のフットサルをさらに盛り上げなければいけないと語った。

 

以下、試合後の狩野新選手のコメント
――第1回オールスターにキャプテンとして出場しました。
狩野 めっちゃ面白かったです。ヤバかったです。でも、僕はどちらかというとテクニシャンではないので、とにかく周りを上げながら、誰かが活躍してくれればいいなと思っていました。ミスを恐れずに、みんなでゴールを目指していく感じだったので、すごく楽しかったです。

 

――ところが、前半は0-0というスコアでした。
狩野 でも、GKが頑張っていたのもあったし、もう少し入っても良かったかなと思います。ただ、どんよりとした分、後半はみんなで本当に頑張ろうという話をしていたので。前半であれだけボラが盛り上げてくれたので、『ボラ祭り』で行った方がいいだろうと。

 

――ハーフタイムでは、『ボラに集めよう』と話していたのですか?
狩野 そうですね。後半は自分が持つのではなくて、完全にボラにボールを集めていました。お客さんも、みんなボラにボールが入ると沸いていたじゃないですか? だから、それはそれでよかったかなと思います。そこでかっこつけてドリブルをしていく選手がいるよりは、ボラに集めて、ボラが活躍する。そう考えていたので、岡山(孝介監督)采配が出たかなと思いますね。

 

――仙台開催で、唯一仙台から選出されたという責任も感じていたのではありませんか?
狩野 今回のオールスターでは、本当にみんなに助けてもらいました。キャプテンをやらせてもらいましたが、いろいろミスがあった中で、助けてもらえた部分もありました。ヴォスクオーレの本拠地である宮城県で開催できたことは、本当にうれしく思います。

 

――かつてのチームメイトである甲斐修侍選手と、ラストシーズンにチームメイトでプレーできたのも、感慨深かったのではありませんか? 狩野 最後に勝利で抱き合えるとは思っていなかったので、うれしかったですね。でも、これがフットサルというか、これが続いて行かないといけない。外国人選手に頼っていてもダメですし、代表もW杯に出ないとダメですし、いろいろな課題がありますけど、今日は今日で、これでよかったかなと思います。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――来週から再開するFリーグに向けての意気込みを聞かせてください。
狩野 こういうオールスターの経験や代表での経験を、僕がもっと伝えていかないとダメなのかなと感じています。チームに戻っても、しっかりやっていきたいです。オールスターの選手たちは、本当に盛り上げてくれました。Fリーグでもこれくらいのゲームを宮城県でできるかは、ヴォスクオーレの選手たち次第だと思うので、再開初戦のアウェー大分戦から、しっかり戦っていきたいと思います。

関連記事

  1. 【Fリーグ】仙台がFP田口のトップチーム昇格を発表 「ようやくス…
  2. 【FリーグPO】2点ビハインドでイゴール不在、厳しい状況で2戦目…
  3. 島根に凱旋の金山がハットトリック! 町田が浜田フットサルクラブH…
  4. 【Fリーグ】FP三笠貴史がF初ゴールを含む2得点! Fリーグ選抜…
  5. 【Fリーグ】FP堀内迪弥がハットトリック! 仙台が北海道に快勝で…
  6. 【Fリーグ】名古屋オーシャンズ、トップチームとサテライトが海外強…
  7. 【Fリーグ】ミスター・デウソンが移籍を決意 神戸FP原田浩平「次…
  8. 【Fリーグ】ラストプレーで勝ち点2を取りこぼした町田、浦安は健介…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。