Fリーグ

【Fリーグ】背番号9でオールスターに出場したFP稲葉 「振り向いたら、全員、違う方向に走っていた」

ちょっと大きめの9番のユニフォーム

ちょっと大きめの9番のユニフォーム

最後に良いところを持って行った。4-4で勝敗の決着がPK戦に委ねられたFリーグ初のオールスターゲーム。PK戦でも最初の3人では決着がつかずに、サドンデスに突入する。F-WESTは4人目のキッカー、FP安藤良平が失敗。後攻のF-EASTのキッカーを務めたのは、試合2日前にFP森岡薫(町田)の負傷を受けて出場が決まったFP稲葉洸太郎(すみだ)だった。稲葉はしっかりとPKを決めて、チームに勝利をもたらしたのだが…。

 

以下、試合後のFP稲葉洸太郎選手のコメント

――やっぱり最後は持っていきましたね。
稲葉 持って行ったけど、見ました? みんなの対応?

 

――ゴールが決まった瞬間、全員が一斉にGK藤原選手の方に走って行きました。
稲葉 勝っても、負けても、全員でゴールを決めた人のところに走って行こうって、決めていたんですよ。だから、オレはゴールを決めて『みんな来ているかな?』と思って振り向いたら、全員、違う方向に走っていた。あれは滝田と仁部屋の仕業ですね。絶対そうでしょ。

 

――そんなことがあったんですね。PK戦のときは両チームの選手が一列になって肩を組んで、和やかな雰囲気でしたね。
稲葉 オールスターならではでしたね。

 

――その一方で試合は、かなり勝利にストイックで、ある意味オールスターらしくない展開でしたね。
稲葉 監督たちがああやって、本気で試合をやると決めていましたが、オレらもそういうのがいいんじゃないかなと思っていました。ショー慣れしていませんからね。たとえば何かやろうとして、ちょっと緩くなってグダーっと終わってしまって、見ている人が消化不良で帰るよりも、真剣にやって…の方が残せるものがあると思うし、逆に言うと、オレらはそういう選手しかいないから。そういう判断でもあったと思うけど、選手たちもそっちの小細工なしの方がいいんじゃないかというのは、一致してできたと思います。

 

――そこから後半は点が入り、非常に見応えがある40分でした。
稲葉 めっちゃ必死にやった結果だから。疲れたけど、楽しかったです。オレ超補欠だったから。

 

――9番を着ている姿は、初めて見た気がします。
稲葉 でしょ(笑)? 薫くんが着るはずのユニフォームだったから、超大きかったです。ダボダボ(笑)。一昨日言われて、昨日仙台に移動して、今日試合でした。

 

――楽しめたみたようですね。
稲葉 楽しかった。参加できなくて、なんか寂しい想いもあったので。でも、自分ができることをやって盛り上げようと思ったので、良かったかなと思います。

 

――今後Fリーグを盛り上げるという意味では、このまますみだが首位をキープできるかというのが、一つ大きな見どころになっていきます。
稲葉 そうですね。でも、オレらは一個一個ですね。それよりも、まずは浜松戦という感じです。そこがちゃんといかないと、全部狂っちゃうから。

 

――中断期間に入って、また開幕戦が来るような感じですからね。
稲葉 そうそう。本当に仕切り直してやっている感じです。結構、ギリギリな試合が多かったですし、このままでは独走なんてできないから。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――ここからは追われる立場で相手にも警戒されますからね。
稲葉 うん。引き分けになってもおかしくない試合もいっぱいありました。それもたまたま勝てていました。ここからも、そういう試合を拾っていける感じにしたいですね。

関連記事

  1. 【Fリーグ】名古屋×すみだ 試合後のすみだ 清水選手コメント
  2. 【Fリーグ】ホーム最終戦で鈴村との対戦も実現した湘南FP久光「ス…
  3. 【Fリーグ】森岡が完全復活のハットトリック! 町田が府中との東京…
  4. 【Fリーグ】浜松がFP小池良平の退団を発表「出てくるのは楽しかっ…
  5. 【Fリーグ】2人目の外国籍選手獲得はクラブ哲学の変更なのか? す…
  6. 【Fリーグ】第15節ハイライト 立川・府中が暫定2位に浮上! 名…
  7. 【Fリーグ】3連敗の浦安FP小野の抱えるジレンマ 「もう少し、お…
  8. 【日本代表】イラン遠征のメンバーが発表、FP室田祐希が10番に、…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。