Fリーグ

【Fリーグ】キャリアの最終年にオールスター出場を果たしたFP甲斐 「(清水とは)瞬間の判断を共有できた」

左足でゲームをつくる

左足でゲームをつくる

 

今季限りで現役生活を引退することを表明したFP甲斐修侍(ペスカドーラ町田)は、F-EASTの一員としてオールスターに出場した。試合では25歳差のFP清水和也にラストパスを送るなど、チャンスを演出した。甲斐の姿を見るために、ゼビオアリーナに足を運んだ選手も少なくなかった。甲斐は若い清水や肺がんと闘いながらも現役を続けているFP久光重貴(湘南ベルマーレ)からも大きな刺激を得ていた。

 

以下、試合後の甲斐修侍選手のコメント

――試合を終えていかがですか。
甲斐 キツかった。最初がめっちゃキツかった。

 

――どういうことですか?
甲斐 いやいや、だって結構ガチだったでしょ?

 

――はい。前半0-0にはビックリしました。
甲斐 そうそう。ちゃんとディフェンスをやらなかったらやられそうだし、ガチガチの試合だったね。楽しんで見せるとかいう前に、当たり前のことを、結構、集中してやらないとやられるっていう試合でしたね。

 

――ハーフタイムにメディアでも、『これ、オールスターだよね?』と話していました。
甲斐 でも、一生懸命やって、激しくやって、その中で産まれる何かを見せようというのは、昨日の前日練習からお互いの中にあったから。100%の中でみんながやるというゲーム、実際になって、最後まで残り9秒まで点を取り合うっていうね。計画していたり、緩くなったりした試合になっていたら、ああいう展開にはならなかったと思う。あれだけ激しくやったからの結果だと思うし、ああいう中でもボラのように魅せれる選手は、しっかり魅せていましたからね。良かったと思います。

 

――甲斐選手から清水選手へのピヴォ当てを見て、甲斐選手はピヴォ当てをやりたいんだなと、思いながら見ていました。
甲斐 昨日の練習からすごく当てやすいところにいるし、抜け出るタイミングもすごくわかりやすい。昨日1日しか練習していないキックインも、ウソみたいにタイミング良く入ってくれた。瞬間の判断のところで、共有できるっていうのは楽しいよね。

 

――昨日1回の練習で感覚が合ったのですか?
甲斐 うん。昨日の練習の中でサインプレーとか、いくつかをある程度確認してやった中で、それを今日の本番で、瞬間的にそういうのを出せたからね。

 

――PK戦のときは久光重貴選手と肩を組んで見ていました。
甲斐 久光がこの舞台に立って、しかも全然普通にやれている姿を見たら、すごいなと。アイツの精神力とか、気持ちって、オレらが見習わないといけないところがたくさんあるなって。もっともっとヒサの姿を見て、若い選手たちも、中堅も、ベテランの選手も、やれることはたくさんあると思うし、良い刺激にして、頑張らないといけない。そう思ってもらえたら、ヒサ自身も、またさらに頑張れるだろうしね。

 

――甲斐選手にとってカウントダウンにもなる残りのシーズンに向けて、一言お願いします。
甲斐 そうだね。本当にこの中断期間もあって、これから本当の意味での上位争い、優勝争いとなる中で、引退の年だから、ただただやり切るというよりは、自分が少しでも1選手として1分でも、2分でも試合に出られるようにしたい。ただ試合に出ることを目標にするのではなく、勝ち負けのところで貢献できるような、岡ちゃん(岡山監督)の助けになるようなパフォーマンスをして終わりたいというのが目標だね。そのためにも日々の練習から若手たちと凌ぎ合って、その凌ぎあいに何とか勝って、メンバーに入るところから頑張ってやろうという強い気持ちで頑張りたいなと思っています。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――イゴール選手が負傷してしまい、数シーズン前と似た状況になっています。チームの成長も問われると思うので頑張ってください。
甲斐 そうだね。頑張ります!

関連記事

  1. 【Fリーグ】2017/2018シーズンのベストファイブ ノミネー…
  2. 【インタビュー】引退を発表した北海道FP神敬治「自分のプレーに納…
  3. 【FリーグPO】過去最高の3位になったからこそ見えたもの 湘南F…
  4. 【オーシャン杯】好守連発も痛恨ミスで敗戦を招いた北海道GK三浦拓…
  5. 【AFC女子選手権】自然体で2戦連続2ゴールのFP江川涼「インド…
  6. 【Fリーグ】仙台で屈指の人気を誇るFP米山が登録抹消、サテライト…
  7. 【Fリーグ】F2参戦クラブが次々と声明を発表 長野と白山は会見を…
  8. 【Fリーグ】選手の放出も前向きに捉える府中の谷本監督「常に今チー…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。