U-20日本代表

【U-20アジア選手権】グループ最終戦ベトナムに勝利! 日本が決勝トーナメント進出を決める

[5.20 第1回AFCU-20フットサル選手権 日本3-1ベトナム フアマーク]

第1回AFCU-20フットサル選手権は20日にグループステージの最終日を行い、U-20フットサル日本代表は、U-20ベトナム代表と対戦した。ここまで1勝2分けで、勝利以外の結果では決勝ラウンド進出ができない日本は、前半にFP清水和也とFP樋口岳志のゴールでリード。後半にもFP中村充が1点を加えた日本は3-1で勝利を収めている。

日本代表の先発は、GK山田正剛、FP石田健太郎、FP中村充、FP植松晃都、FP清水和也の5人。勝利が必要な日本は、立ち上がりから攻勢に試合を進めていく。前半2分に清水が放ったシュートはゴール前の植松に当たり右に外れ、同4分にはロングボールをベトナムのGKが中途半端に処理したボールを拾ったFP伊藤圭汰が、無人のゴールにシュートをしたが、枠を捉えられなかった。

それでも敵陣でボールを奪う回数が、これまでの試合で一番多い日本は、6分にもFP岡田祥慶がパスカットからドリブルで相手のファウルを誘う。これで得たFKを清水が強烈にゴールに叩き込み、日本が1点をリードした。ベトナムも速い攻撃を仕掛けてくるが、日本もこの試合初先発のおGK山田正の好守もあり、得点を許さない。対する日本も10分にCKからFP山田慈英がシュートチャンスを得たものの決められ得ずに、1点差のままゲームが推移していく。

日本に待望の追加点が入ったのは、前半13分。敵陣でプレスをかけた樋口がボールを奪い、そのまま左サイドから左足でシュートを決めてリードを2点に広げた。その後は両チームともに好機を生かしきれずに、日本が2点リードで前半を折り返した。

後半の立ち上がりは、早い時間に得点が動く。1分、日本はCKから中村がゴールを決めて3点差をつけた。しかし、試合再開直後、ベトナムにゴールを決められて、再び2点差に詰め寄られた。リードを許したベトナムは、何人もの選手が足をつりながらも、再びピッチに戻ってきてプレーし、グループステージ突破を目指す、

それでも得点を動かすことができないと、ベトナムは残り8分半からパワープレーを開始する。両チームともにファウルが重なっていくが、日本は集中を切らすことなくベトナムに対抗し、チャンスをつくらせない。結局、最後まで耐えた日本は3-1で勝利。グループステージ最終戦を終え、2勝2分けの日本は、決勝ラウンド進出を決めている。

なお、日本とインドネシアは、勝ち点、勝利数、得失差、得点数、さらにファウルポイントまで並んだため、グループの順位を抽選で決めた。その結果、日本はグループ2位となり、準々決勝は優勝候補のイラクと対戦することが決定した。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【女子】丸岡の田中悦博監督が、第3回ユース五輪出場の教え子たちへ…
  2. 【タイランド5】フットサル日本代表が戦う3試合の見どころ
  3. 【アジア選手権】初めてのアジア選手権を戦うFP齋藤功一「相手の気…
  4. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦で精彩を欠いたFP植松 「…
  5. 【U-19日本代表】FC東京U-18のFP松岡と帝京長岡高のFP…
  6. 【日本代表】FP芝野創太とFP内田隼太が日本代表候補合宿に追加招…
  7. 【Fリーグ】湘南のU-19日本代表FP植松は全治3カ月の負傷で今…
  8. 【U-19日本代表】チーム事情で大分に戻るGK岩永「フィクソの選…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。