Fリーグ

【Fリーグプレーオフ】町田が中井健介のブザービーターで大阪に勝利! 準決勝進出を決める

[1.13 Fリーグプレーオフ1回戦 町田 3―2 大阪 駒沢屋内]

Fリーグは13日、プレーオフ1回戦を駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行い、リーグ2位のペスカドーラ町田と同5位のシュライカー大阪が対戦した。試合は3-2で町田が勝利している。

町田の先発はGKピレス・イゴール、FP日根野谷建、滝田学、中井健介、原辰介。対する大阪はGK冨金原徹、FPアルトゥール、チアゴ、小曽戸允哉、田村友貴の5人で試合に臨んだ。

レギュレーション上、引き分け以下の結果では敗退となる大阪は、前半から球際に厳しくいく。結果、接触することが多くなり、大阪は開始10分で5ファウルとなってしまう。その直後に町田は、室田が小曽戸に倒されて第2PKを獲得する。これをFPダニエル・サカイが決めて1点を先制した。

今季のリーグ戦では、町田を相手に3連敗を喫している大阪は、この試合に勝たなければ敗退となる。勝ち抜けのために2点が必要になったこともあり、攻勢を強めていった。前半11分にはCKからFP佐藤亮がボレーシュート。GKイゴールが弾いたボールを詰めていたFP相井忍がゴールに押し込み、1-1の同点に追いついた。

その後も互いにチャンスをつくり合う。14分には森岡のロングボールをダニエル・サカイが前線で受けてシュートを放つが枠の上へ。18分には大阪がチャンスをつくり、加藤がシュートを放つもGKイゴールに止められる。さらにキックインから佐藤が決定的なシュートを放ったが、これもイゴールに阻まれた。結局、前半は1-1で終了している。

後半のスタート、前半と同じメンバーで入った町田に対し、大阪はアルトゥール、チアゴ、ヴィニシウス、小曽戸というメンバーで試合に入る。ややボールを町田に持たせる形になったが、最初のチャンスは大阪がつくる。アルトゥールのロングボールを受けたヴィニシウスからのパスを受けたチアゴがGKイゴールと1対1になるがシュートを止められる。対する町田も日根野谷が左サイドを突破してシュートを放ったがGKイゴールに止められた。

そんな中で先手を取ったのが、大阪だった。後半4分、ボールを回している中で加藤が意表を突くシュートを放つ。これがダニエル・サカイの股下を抜け、イゴールの逆を突いてゴールに決まり、大阪が2-1と勝ち越した。

リードした大阪は、ハーフウェーラインまで守備ラインを下げ、カウンターから追加点を狙う。8分には佐藤が決定機を得たが、GKイゴールに防がれた。さらにアルトゥールの縦パスから小曽戸が決定機を迎えたが、シュートを決めきれなかった。

チャンスを決めきれない大阪に対し、町田は後半12分、中盤でボールを奪うとFP室田祐希が右のダニエル・サカイにはたく。ダニエルがFP森岡薫にパスを入れると、森岡がヒールで流す。これをエリア内に走り込んだ室田が受けてシュート。これが決まり、町田が2-2の同点に追いついた。

このままでは敗退となる大阪は、守備ラインを挙げてボールを奪いに行く。さらに残り4分となったところで、大阪はヴィニシウスをGKにパワープレーを仕掛ける。残り15秒、大阪は加藤が決定的なシュートを放ったが、イゴールが体に当ててブロック。得点を与えない。CKを得た大阪はタイムアウトを取り、最後の攻撃を仕掛けたが、これを防いだ町田は中井が無人のゴールへシュート。これがブザービーターとなり、町田が3-2で勝利。準決勝に駒を進めた。

follow futsalx on twitter!

関連記事

  1. 【Fリーグ】町田が岡山孝介監督の就任100試合目のメモリアルゲー…
  2. 【日本代表】U-19世代の選手たちを指導したブルーノ・ガルシア監…
  3. 【Fリーグ】北海道が中断期間を利用し、若手選手を中心にタイ遠征を…
  4. 【Fリーグ】日本代表に招集された大分FP仁部屋「しっかりと集中し…
  5. 【U-19日本代表】カザフスタン戦以来の公式戦スタメン出場のGK…
  6. 【Fリーグ】名古屋オーシャンズ、トップチームとサテライトが海外強…
  7. 【Fリーグ】大分のキャプテンGK檜山が全治3カ月の負傷
  8. 【Fリーグ】絶対王者を完封し、1G1Aの町田GKイゴール 「最高…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。