Fリーグ

【Fリーグ】F2へ降格の神戸 FP稲田瑞穂、FP岡崎チアゴら11名が退団、FP川那部遼、FP齋籐秀人ら3選手が引退を発表

2018/2019シーズンよりFリーグ・ディビジョン2へ降格するデウソン神戸が、2月6日から13日にかけて、選手たちの去就をクラブの公式HPで発表した。

6日にFP山田慈英の退団を発表したのを皮切りに、FP仁井岡嵩登、FP津田卓、FP岡崎チアゴ、GK福良一至、FP稲田瑞穂、FP藤山翔太、FP霜出聖也、FP森洸、FP田中勇輝、GK村山竜三の計11選手が退団することを発表した。

また、FP川那部遼、FP齋藤秀人、FP松宮充義の3選手が現役を引退することを表明している。

以下、クラブを通じて発表された各選手のコメント
●FP山田慈英選手のコメント
「この度 デウソン神戸を退団させて頂く事になりました。3年間ありがとうございます。また上永吉GM,鈴村監督、スタッフ、チームメイトをはじめデウソン神戸に関わる全ての方々のおかげで素晴らしい経験をする事が出来ました。この経験をこれからに生かし感謝の気持ちをプレーで表現していきたいと思います。本当にありがとうございました」

●FP二井岡嵩登選手のコメント
「この度、デウソン神戸を退団させて頂く事になりました。2年間ありがとうございました。アスピランチから、トップに昇格する事が出来て、自分の目標であった、Fリーグの舞台に立つという事を、このチームでデビューさせてもらえた事を誇りに思い、そして感謝しています。このチームで経験させてもらった事を次のステップに生かして頑張りたいと思います。デウソン神戸に関わる全ての方々、本当にありがとうございました」

●FP津田卓選手のコメント
「この度デウソン神戸を退団する事になりました。アスピランチでフットサルを始め、トップチームに昇格させて頂き、Fリーグにも出場でき、多くの貴重な経験をさせてもらい感謝しています。この経験を次のステージで活かせるようまた日々努力していきます。神戸の皆様ありがとうございました」

●FP岡崎チアゴ選手のコメント
「今シーズン限りでデウソン神戸を退団する事になりました。約10年間神戸のユニフォームを着て闘う事がとても幸せでした。家族、スポンサー、スクール生、スクール父兄、数々のサポートがあり闘い続けることが出来ました。本当にありがとうございました」

●GK福良一至選手のコメント
「今シーズンでデウソン神戸を退団することになりました。この1年間多くの方々に支えて頂きとても感謝しています。これからもデウソン神戸と共に、応援宜しくお願いします」

●FP稲田瑞穂選手のコメント
「今季をもちましてデウソン神戸を退団することになりました。神戸には以前に在籍した時も合わせて4年間お世話になりました。たくさんの方々に支えられながらプレー出来たこと、とても感謝しています。神戸サポーターの熱い応援は、どんなに苦しい時も背中を押してくれました。今季は苦しいシーズンでしたが、ホーム最終戦やリーグの最終節で一緒に笑顔になれた事、本当に嬉しく思います。残りの全日本選手権、皆さんへの感謝の気持ちをピッチで表現できるよう全力で戦いますので応援よろしくお願いします。ありがとうございました!」

●FP川那部遼選手のコメント
「今シーズンをもちまして、現役を引退することを決意しましたので、ご報告させていただきます。デビューから3シーズン、デウソン神戸の一員としてFリーグの舞台でプレーできた事は自分の人生にとって大きな経験となり成長させていただきました。今までたくさんの応援、サポートして頂きありがとうございました。21歳での引退となりますが、自分のこの決断には後悔はなく、これから残り1年の学業、そして来年から一社会人として違う道でも成長していけるように頑張っていきます。これからもデウソン神戸の変わらぬご声援よろしくお願い致します」

●FP藤山翔太選手のコメント
「この度、デウソン神戸を退団することになりました。一年間という短い間でしたが、素晴らしいチームメイト、監督、スタッフ、ファン、サポーターの皆さんに出会いとても充実した時間を過ごすことが出来ました。今後もこの経験を糧にし成長していけるように精進して行きたいと思います。一年間ありがとうございました」

●FP霜出聖也選手のコメント
「今シーズンをもちまして、デウソン神戸を退団することになりました。フットサルキャリアをスタートさしていただいたデウソン神戸、そして鈴村監督にはすごく感謝しています。デウソン神戸に関わる皆さん、1年間ありがとうございました」

●FP齋藤秀人選手のコメント
「この度デウソン神戸を退団する事になりました。そして退団するに当たり引退する事を決めました。Fリーグを経験できる事ができ、みなさんにすごく感謝しています。この一言で終わらせる事はできないくらい感謝しています。フットサル以外での大切な事も学ぶ事ができ、そしてたくさんの人と出会いすごく嬉しかった、楽しかった思い出しかありません。今後の事はまた改めて報告できたらと思います。みなさんありがとうございました。そして、かわらずFリーグ、デウソン神戸を応援してくれたら嬉しいです。本当にありがとうございました」

●FP森洸選手のコメント
「今シーズンでデウソン神戸を退団することを決断しました。初めて憧れのFリーグの舞台に立てた日がつい最近のようです。アスピランチの時代から含めると9年間。辛い日々もありながら、たまに得られる喜びの積み重ねと、応援して下さる皆さんからの支えとなった数々の言葉のおかげでここまでプレーし続けることができました。本当にありがとうございました。ここまで選手として面倒をみてもらい、たくさんの人との出会いのキッカケを与えてくれたデウソン神戸に。大好きな兵庫県に。いつの日か何かしらの形で恩返しができるよう、感謝の気持ちを忘れず、僕なりにチャレンジし続けていきたいと思います。これからもデウソン神戸を!Fリーグを! みんなで力を合わせて盛り上げていきましょう! Many Thanks」

●FP田中優輝選手のコメント
「今シーズンでデウソン神戸を退団することになりました。1年間という短い間でしたが、多くの方と関わり、良くして頂いた記憶ばかりです。チームメイトに恵まれ、監督、スタッフ、トレーナー、ファンやサポーターの皆さんには本当に感謝です。昨シーズンに続いて今シーズンも大きな怪我をし、リーグでは思った結果が出せずに本当に悔しい気持ちでいっぱいです。この気持ちを今後の糧にし、日々成長していければと思います。今後とも田中優輝、そしてデウソン神戸を応援して頂けたらと思います。ありがとうございました」

●GK村山竜三選手のコメント
「今シーズンでデウソン神戸を退団することになりました。2年間、正直苦しいことの方が多かったと感じています。でもピッチに立ったときは自分の後ろには最高のサポーター、ファンがいました。みなさんのお陰で闘うことができました。ありがとうございました。もう少し選手としてプレーしていきたいと思うのでこれからも応援の程よろしくお願いします。最後にスポンサー、クラブスタッフ、山本前監督、鈴村監督、チームメイトのみなさん本当にありがとうございました。これからもデウソン神戸をよろしくお願いいたします」

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

●FP松宮充義選手のコメント
「3月の全日本選手権を最後に現役選手を引退する事にしました。まだまだ出来るのに、と思ってくれている方もいるかと思います。肉体的な事を考えても衰えはまだ感じていませんし、コンディション的にもまだ出来るかと思います。自分の所属チームが2部に自主降格する事、自分の年齢、理想、様々なことが重なってこのタイミングなのかなと決めました。地域リーグなどでもプレーするつもりは現在の所はありません。自分のパス1つで、ドリブル1つで、自分を表現出来た事、Fリーグが開幕する前からトップリーグでやり続けれた事は沢山の支えがあったからです。10年もの間、日本各地の方に支えて頂きました。Fリーグに関わる全ての方に感謝しかないです。また想いや、感謝など、改めて全てが終わってからブログなどに書きたいと思います。最後の全日本選手権はしっかりと出場しますので良ければ是非見に来てください。本当にありがとうございました」

関連記事

  1. 【選手権】公式戦3年ぶりゴールの湘南FP久光重貴 「試合の出方が…
  2. 【インタビュー】浦安の狂犬は、なぜ退団を決断したのか 日本代表F…
  3. 【Fリーグ】登録選手の追加と抹消を発表 浜松が府中からFP三井を…
  4. 【Fリーグ】ルーキーイヤーを振り返る北海道FP小幡貴一 「あっと…
  5. 【Fリーグ】5週間ぶりの実戦で戸惑いもあった湘南FP植松「『こん…
  6. 【F1】名古屋の櫻井嘉人代表取締役・GMのコメントまとめ 「プレ…
  7. 【日本代表】イラン遠征のメンバーが発表、FP室田祐希が10番に、…
  8. 【オーシャン杯】PK戦での辛勝に危機感を抱く北海道 小野寺隆彦監…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。