ペスカドーラ町田

【Fリーグ】森岡薫と渡邉知晃、日本代表ピヴォ2人がインドネシアへ期限付き移籍

フットサル日本代表のFP森岡薫とFP渡邉知晃が、インドネシアのBintang Timurへ期限付き移籍することが、両選手の所属クラブから発表された。期限付き移籍期間は、2018年5月7日までとなっている。

近年、急速に力を付けているインドネシアでは、今年2月よりプロリーグが発足。リーグには全16クラブが参戦しており、グループAとグループBの2チームに分けてリーグ戦を実施。各グループの上位2クラブがプレーオフに進出する。リーグは5月5日、6日にプレーオフ・ファイナルを行う予定であり、そのため森岡、渡邉の契約期間も5月7日までとなっている。森岡、渡邉の両選手は、ともに2018/2019シーズンのFリーグ開幕はもちろん、オーシャンカップへの出場も間に合う予定だ。

インドネシアリーグには、タイ代表のFPクリッサダ、FPスパウットも加入するなど、アジアのトッププレーヤーが多数集まっており、注目を集めている。

当初、Bintang Timurはピヴォとフィクソの選手を探していたが、森岡がフィクソをやっていたことも把握し、日本代表の2人のピヴォ獲得に動いた。グループBに入っているBintang Timurは、6節終了時点で5位。プレーオフ進出には負けられない状況にあり、当初は10日、11日の連戦に間に合うように移籍をオファー。しかし、両選手ともに第23回全日本フットサル選手権の試合があったため、大会終了後の移籍となった。

クラブは準々決勝が行われた9日の試合映像を見て、町田、府中の両クラブが敗退したのを確認し、エアを用意。両選手は9日の深夜に日本を離れ、10日の午前中にインドネシアに到着した。すでに11日に行われた試合にも出場している。インドネシアでは、同国代表監督に日本人の起用も考えており、その場合はフル代表、U-20代表、女子代表の3チームを任せる予定だという。日本人を同国に招くことに対して非常に積極的であり、森岡、渡邉の活躍次第では、来シーズン以降も同国リーグのクラブが日本人選手の獲得に動く可能性は十分。それだけに活躍が期待される。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

今後、FutsalXでは渡邉知晃のインドネシア日記を掲載予定。現地のフットサル情報をはじめ、様々な情報を届けてくれることになっている。

関連記事

  1. 【AFCクラブ選手権2017】25日の練習後 大阪FPアルトゥー…
  2. 【ビバ!! フットボール・サラ】第4回 波乱がなかった第12節
  3. 【AFCクラブ選手権2018】AFCが登録選手リストを発表、名古…
  4. 【Fリーグ】リーグ最下位に沈む浜松 GK石黒紘久「一回、若手だけ…
  5. 【スペイン】エルポソBは2点のリードを守り切れず。日本代表FP清…
  6. 【Fリーグ】エースFP堀内迪弥が出場停止の仙台、パワープレーから…
  7. 【Fリーグ】リーグ通算100ゴールを決めた府中の10番FP完山徹…
  8. 【Fリーグ】町田FPダニエル・サカイと日根野谷建が8節・浦安戦は…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • taku.kawai
    • 2018年 3月 13日

    日記の打ち合わせで連絡をとったところ、インドネシアリーグは大変な盛り上がりを見せているようです。
    また、選手のステータスも高く、日本人選手が移籍を目標に掲げるリーグになっても不思議ではないとのこと。

    個人的にはFリーグに、アジアを代表するリーグになってほしかったところですが、
    各クラブの現状を見ていると、難しいというよりも、不可能でしょう。
    それでも来季からはディビジョン2が開幕します。
    今後、ディビジョン2のクラブが力を付けていき、入れ替えが起こることで、ポジティブな変化は起こるかなと。

    渡邉選手、森岡選手には、ぜひ大活躍してもらい、「助っ人に呼ぶなら日本人がいいぞ!」という
    印象を植え付けてもらいたいですね。
    タイトルを獲ることができれば、クラブアジア選手権に呼ばれる可能性も出てくるでしょう。
    今年のクラブアジア選手権の開催地はインドネシアという噂もありますし、大暴れしてきてほしいですね!

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。