全日本選手権

【選手権】後半4ゴールの広島エフ・ドゥが同志社大を破り、大会初勝利

[3.11 第22回全日本選手権 広島エフ・ドゥ 6-2 同志社大トレボル 岸和田]

第22回全日本フットサル選手権は11日、大会2日目を迎え、岸和田市総合体育館ではグループCの広島エフ・ドゥ(中国)と同志社大学フットサルクラブトレボル(関西)が対戦した。

 

ともに初戦で黒星を喫していた両チーム。立ち上がりは広島エフ・ドゥがボールを保持し、同志社が速攻を仕掛ける展開となる。前半4分、広島エフ・ドゥはFP江藤良輔がシュート性のパスをゴール前に蹴ると、これにFP三宅研司が1タッチシュートで合わせて先制する。対する同志社大も5分、左サイドからFP日下部絢彌のクロスにFP穂木優輔が合わせたが、シュートはGK半田貴裕に阻まれた。

 

前半7分には再び広島エフ・ドゥが追加点を挙げる。左サイドでFP冨廣洋平が仕掛けて、ファーポスト前に速いボールを入れる。FP三好俊平のファー詰めが決まり、広島エフ・ドゥがリードを2点に広げた。

 

点差がついたことで、広島エフ・ドゥは守備のラインを下げ、同志社大がボールを保持する展開になる。そんな中で10分にはFP東優人が右足のシュートを決めて1点差にする。15分にも穂木が右サイドからカットインしてDFを外し、シュートを放ったが、GKの好守で同点に追いつけない。

 

受ける時間が長くなっていた広島エフ・ドゥも前半18分に左右にパスを展開して相手を揺さぶってから、中央でボールを受けたFP川田尚幸がドリブルを仕掛ける。GKをズラしてシュートを放ったが、サイドネットに外れた。ピンチを乗り切った同志社大は、18分にFP村田雅治がCKの流れからゴールを決め、前半のうちに追いつく。このまま2-2で前半は終了した。

 

後半の立ち上がりから広島エフ・ドゥが攻勢を強める。開始直後のプレーで冨廣が自陣から一気にゴール前までボールを蹴ると、三好がヘッドでゴールを狙う。これはGKに防がれたが、その1分後には右サイドで裏を取った三好がゴールを決めて、広島エフ・ドゥが再び勝ち越した。

 

ピヴォ当てとクワトロのセットを使い分ける広島エフ・ドゥは、同志社大に守備の的を絞らせずに攻め続け、4分には川田が追加点を決める。13分にもカウンターから江藤がゴールを決めて点差を広げていった。

 

同志社大もここから反撃に出て、細かいパスワークで広島エフ・ドゥの守備を崩してシュートに持って行く場面もあったが、最後は体を張った守備に阻まれてしまう。後半18分にも冨廣が追加点を挙げた広島エフ・ドゥが6-2で勝利。逆転での決勝トーナメント進出の望みを残した。

関連記事

  1. 【選手権】都リーグのすみだバッファローズがジャイキリ! Fリーグ…
  2. 【全日本予選】情熱ロンリネス×多摩大 試合後の多摩大 米田選手の…
  3. 【全日本選手権予選】町田アスピランチが多摩大に勝利(18枚)
  4. 【選手権】PK戦のサドンデスまでもつれた激戦を制したのは大阪! …
  5. 【選手権】スーパーゴールを決めた仙台FP堀内迪弥「思い切って振っ…
  6. 【第22回全日本選手権】出場26チームが出そろう! 組み合わせは…
  7. 【PH】第23回全日本選手権 決勝 名古屋オーシャンズvsシュラ…
  8. 【選手権】前半でラファがハットトリックの名古屋、湘南を破って2大…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。