Fリーグ

【選手権】府中が今季公式戦全勝の名古屋サテライトに力の差を見せつける勝利

[3.10 第22回全日本選手権 府中 7-2 名古屋サテライト エコパA]

 

第22回全日本フットサル選手権が10日に開幕し、静岡・エコパアリーナの第4試合では、Fリーグの府中アスレティックF.C.と東海第1代表の名古屋オーシャンズサテライトが対戦した。

 

序盤は固さがある中でも、府中に簡単にプレーをさせなかった名古屋サテライトだが、なかなかチャンスはつくれない。最初の決定機は前半8分、FP柴田祐輔からのパスがゴール前のFP渡邉知晃に届くが、シュートはGK高見政顕に防がれる。しかし、その直後、FP皆本晃からのパスを受けた渡邉がアウトサイドで華麗に1タッチシュート。これがゴールに決まり、府中が先制した。

 

アタッキングサードまでボールを運びきれなかった名古屋サテライトだが、前半10分、府中のGKクロモトが4秒ルールの反則を取られ、間接FKを得る。サインプレーを仕掛けた名古屋サテライトは、FP瀧澤大将がゴールを決めて1-1に追いついた。

 

ここから流れをつかみたい名古屋サテライトだったが、パスにミスが目立つ。前半11分には横パスをFP完山徹一にさらわれると、速攻を受けて完山のパスをFP岡山洋介に決められた。結局、このまま前半は2-1と府中がリードして折り返す。

 

前半は1点差の拮抗したゲームとなったが、後半の立ち上がりに府中が仕掛ける。後半開始35秒、右サイドから渡邉が入れてボールがDFに当たってこぼれると、ここに詰めた柴田がゴール。その直後にもプレッシングから皆本が相手の底辺でのパスをカット。確実にゴールに突き刺し、一気にリードを3点に広げた。

 

名古屋サテライトは6分にFP大薗諒がゴールを狙うがクロスバーに嫌われる。逆に9分には府中の渡邉がこの試合2点目のゴールを決めて、1-5として勝利を決定的にした。名古屋サテライトは11分を残してパワープレーを開始。しかし、FP小山剛史にパワープレー返しを決められて、点差はさらに開いてしまう。

 

後半15分にオウンゴールで1点を返した名古屋サテライトだったが、同16分には敵陣でのパスにミスが出て、バックパスがゴールに入ってしまい再び点差は「5」となった。その後の名古屋サテライトの攻撃を凌いだ府中が7-2で勝利。東海リーグ全勝優勝、地域チャンピオンズリーグを制覇した名古屋サテライトだったが、Fリーグの上位クラブとの差は大きかった。

関連記事

  1. 【Fリーグ】仙台がキャプテンのFP狩野新、日本代表候補GK矢澤大…
  2. 【選手権】準決勝の府中戦で勝利に導く2ゴール すみだFP西谷良介…
  3. 【全日本東京都予選】大量10ゴールの町田アスピランチが快進撃の闘…
  4. 【選手権】今大会で現役引退のFP小檜山譲が2G1PK奪取の大活躍…
  5. 【全日本選手権予選】町田アスピランチが多摩大に勝利(18枚)
  6. [女子選手権]グループD総括 王座奪還を目指すSWHレディースを…
  7. [Fリーグ]府中が大坂に逆転勝利、勝ち点差を6に広げる(63枚)…
  8. 【Fリーグ】日本代表に初招集の北海道FP堀米「積極的に自分のプレ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。