バサジィ大分

【選手権】後半3ゴールの府中が大分に逆転勝利で4強進出

[3.18 全日本選手権 府中 3-2 大分 代々木第一]

 

第22回全日本フットサル選手権は18日、決勝ラウンド1日目を国立代々木第一体育館で行った。第1試合は府中アスレティックFCとバサジィ大分が対戦している。

 

決勝ラウンドに入り、緊張感のある試合の立ち上がり。最初にビッグチャンスを得たのは府中だった。前半9分にキックインからFP柴田祐輔がシュートを放つが、枠の左に逸れて行く。大分も10分にFP西原信彦がシュートを放つが、GK田中俊則に弾かれる。こぼれ球をFP田村龍太郎がゴールに押し込もうとしたが、これはポストに嫌われた。

 

その後、大分がボールを保持して攻め込むが、GK田中の好セーブもあって得点を挙げられない時間が続く。府中も13分にはFP宮田義人が右サイドから仕掛けてシュートしたが、GK檜山昇吾に防がれた。その2分後には大分が中盤で府中のビルドアップを阻止。高い位置でボールを奪い、FP森村孝志がGK田中と1対1になるチャンスを得たが、これもGK田中に防がれてしまう。

 

チャンスをつくりながらも得点を挙げられなかった大分だが、前半18分に今大会を最後に退団が決まっているFP芝野創太がセットプレーからGK田中の股下を抜くシュートを決めて1点を先制した。このまま前半は1-0と大分がリードして終了する。

 

後半の立ち上がりは前からの守備が機能した府中が主導権を握る。2分には高い位置で柴田がボールを奪い、GK檜山との1対1をチップキックで制してゴールを決めて、試合を振り出しに戻した。8分にも府中は右サイドでボールを持ったFP水田貴明がダブルタッチで森村をかわして、右足のアウトサイドでシュート。これがゴールに決まり、府中が2-1と逆転に成功した。

 

簡単にボールを運べずに苦しい展開を強いられた大分は、何とか1点差のまま食らいつき、反撃の機会をうかがう。そして後半16分、右サイドでボールを持ったFPディドゥダがゴールを決めて2-2に追いついた。しかし、その直後には柴田のパスからFP岡山洋介に決められて再びリードを許してしまう。

 

残り2分を切り、大分はFP白方秀和をゴレイロにしてパワープレーを開始したが、同点ゴールを決めることはできずに試合終了。府中が3-2で勝利して、準決勝進出を決めている。

関連記事

  1. 【選手権】昨シーズン国内無冠の名古屋が3冠達成! 西谷良介、ラフ…
  2. 【PH】第23回全日本選手権 湘南ベルマーレvsフウガドールすみ…
  3. 【Fリーグ】ミスター・デウソンが移籍を決意 神戸FP原田浩平「次…
  4. 【Fリーグ】F2降格の神戸にFP藤川朋樹が復帰 「ただいま!」
  5. 【全日本予選】情熱ロンリネス×多摩大 試合後の多摩大 福角監督の…
  6. [女子選手権]グループB総括 日本リーグのさいたまサイコロが苦し…
  7. 【Fリーグ】浜松×府中 試合後の浜松 保田監督コメント
  8. 【Fリーグ】町田対府中を観戦したブルーノ・ガルシア監督「若手が出…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。