Fリーグ

【選手権】今大会で現役引退のFP小檜山譲が2G1PK奪取の大活躍! 大分がディヴェルティード旭川に勝利

[3.11 第22回全日本選手権 大分 5-3 ディヴェルティード旭川 岸和田]

 

第22回全日本フットサル選手権大会は11日、大会2日目を迎え、岸和田市総合体育館ではFリーグのバサジィ大分と北海道代表のディヴェルティード旭川(北海道)が対戦した。

 

初戦を勝利で飾った両チームの一戦は、立ち上がりから中盤で激しいボールの奪い合いが繰り広げられる。互いになかなかシュートを打てない状態が続く中、地力に勝る大分が徐々に押し込み始める。

 

迎えた前半7分、FP田村龍太郎がFP木下裕斗からボールを奪い、速攻を仕掛ける。そのままGKとの1対1を制して先制点を決めた。さらに8分にはFP小檜山譲がエリア内で倒されてPKを獲得。これをFP仁部屋和弘が確実に決めて、リードを2点に広げた。

 

その後も大分は、FP芝野創太がアクロバティックなシュートでゴールを狙い、14分には左サイドの仁部屋からファーポスト前に鋭いボールが飛び、FP西原信彦が合わせたが、いずれもディヴェルティード旭川の守備に阻まれた。

 

攻勢の続く大分は、前半17分にFP白方秀和が左サイドを突破。折り返しを西原がヘディングでゴールに沈めて3-0にする。ディヴェルティード旭川は、タイムアウトを取って前半の残り時間でパワープレーを行ったが、攻め切れないまま、後半を迎えることとなった。

 

後半に入り、ディヴェルティード旭川はパワープレーを解いた。そのため前半同様に大分のボールを握る時間が長くなる。7分にはセットプレーから白方の入れたボールを小檜山がゴールに押し込み4-0とした。後半12分、再びディヴェルティード北海道はパワープレーを開始。その直後にFP浅井達郎がゴールを決めて1点を返す。さらに15分にもFP御厩貴宏のシュートがGK檜山昇吾の手を弾きゴールに決まり、2点差に詰め寄った。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

残り5分を切り、大分はFP森村孝志の折り返しから小檜山がこの試合2点目を決めて再び3点差とする。ディヴェルティード旭川の最後の反撃を1点に抑えた大分が5-3で勝利した。

関連記事

  1. 【Fリーグ】浜松がGK鈴木陽太の退団を発表 「地元でプレーするチ…
  2. 【Fリーグ】立川立飛での初陣で黒星の立川・府中 谷本俊介監督「悔…
  3. 【選手権】SWHが東温ケイルースに逆転勝利、今大会初勝利を挙げる…
  4. 【Fリーグ】森岡負傷のチームを救う2ゴールの町田FP本田 「『オ…
  5. 【メディア】Fリーグ中継をしているJSPORTSがサイトをリニュ…
  6. 【Fリーグ】町田が新たにユースチーム(U-18)を設立へ
  7. 【Fリーグ】浦安にやってきた再注目のスペイン人指揮官 リケル監督…
  8. 【Fリーグ】湘南がFP安嶋健至、近藤純也、上村充哉の退団を発表

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。