シュライカー大阪

【選手権】アルトゥール4発、チアゴ3発の大阪が逆転ですみだを破り、Fリーグに続く2冠を達成

[3.20 第22回全日本選手権決勝 すみだ 2-7 大阪 代々木第一]

 

両チームが立ち上がりから仕掛けていくテンションの高いゲームは、開始早々に動く。前半3分にすみだは、右サイドを攻め上がったFP宮崎暁がゴール前に速いボールを入れると、走り込んでいたFP西谷良介が合わせて1点を先制する。さらにその直後にも、ボールを持って攻撃参加したGK柿原聡一朗からボールを奪った宮崎が、無人のゴールにシュートを決めて、早々と2点をリードした。

 

大阪の木暮賢一郎監督は、流れを変えるためにここでタイムアウトを取る。4分には左サイドでボールを持ったFPアルトゥールが中にカットインし、マークに付いていたボラを剥がしてシュートを決めて1点を返す。5分にはFP清水和也がファウルを取られ、すみだの累積ファウル数が早くも5となる。ここからしばらくの時間帯は、前線に入ったFPボラにボールを預ける素早い攻撃から、すみだがチャンスをつくったがリードを広げられない。

 

すると10分、大阪は清水のファウルを誘って第2PKを獲得。これをアルトゥールが決めて同点に追いつく。すみだも清水が中央をドリブル突破して、強烈なシュートを枠に飛ばすが、GK柿原聡一朗がセーブ。こぼれ球にFP諸江剣語が反応したが、これも柿原が対応してゴールを許さない。

 

ピンチを凌いだ大阪は、前半17分に再び直接FKとなるファウルを受け、第2PKを獲得する。このチャンスに再びキッカーはアルトゥール。GK清家大葵の動きを見切ったようなシュートを決めて、前半のうちに大阪が3-2と試合をひっくり返した。

 

後半に入って累積ファウルがリセットされたすみだだったが、3分に失点を喫してしまう。左サイドでボラがボールを小曽戸に奪われ、縦に運ばれる。中央のディフェンスがつり出された瞬間に、小曽戸は左に展開。これを受けたチアゴが1タッチシュートを決めて、4-2とリードを広げた。

 

2点を追うことになったすみだは、後半4分に清水のボールキープから諸江がシュートを打つが、GK柿原の正面を突く。その後、FP稲葉洸太郎を起用したり、清水とボラを同じセットに組み込んだりして攻撃に変化をつけていったすみだだったが、10分にチアゴに反転シュートを決められて2-5とされてしまう。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

すみだは残り6分18秒から稲葉をゴレイロに、パワープレーを開始する。しかし、決定的なシュートを打てないまま時間は推移し、後半18分にはパワープレー返しをアルトゥールに決められる。ようやく19分にボラがシュートを放ったが、クロスバーに嫌われて得点にはつながらない。残り37秒でチアゴにもハットトリック達成となるパワープレー返しを決められて万事休す。試合終了の瞬間には、今季限りでクラブを退団する選手たちをピッチに立たせた大阪が7-2で勝利し、Fリーグとの2冠を達成した。

関連記事

  1. 【日本代表】大阪での経験がプラスに働いた初招集のFP田村「似てい…
  2. 【選手権】第2PKでの2失点が響き、リガーレ東京に惜敗した長野F…
  3. 【選手権】名古屋サテライトが逆転でヴァクサ高槻とのグループ最終戦…
  4. 【選手権】昨シーズン国内無冠の名古屋が3冠達成! 西谷良介、ラフ…
  5. 【Fリーグ】PO最後の切符をつかんだのは昨季王者・大阪! 1回戦…
  6. 【Fリーグ】攻守に個の力を示して1G2Aの町田 FP森岡「やっと…
  7. 【Fリーグ】緊急出場のFP稲葉はPK戦で決着を付ける(8枚)
  8. 【PHOTO】2017プレーオフ・ファイナル 大阪vs町田 後半…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。