デウソン神戸

【選手権】神戸が浦安の反撃を凌ぎ切り、ベスト4に進出

[3.18 全日本選手権 浦安 3-4 神戸 代々木第一]

 

第22回全日本フットサル選手権は18日、決勝ラウンド1日目を国立代々木第一体育館で行った。第2試合はバルドラール浦安とデウソン神戸が対戦している。

 

全体的にこう着していた前半戦、試合を動かしたのは神戸だった。前半4分にFP原田浩平がゴール前に仕掛けてこぼれたボールを、FP森洸がゴールに蹴り込み、神戸が1点をリードする。5分にも神戸は右サイドからFP相井忍が仕掛け、折り返しにFP岡崎チアゴが合わせたが枠に飛ばせなかった。

 

10分にも神戸は、森洸がシュートを放つがFP荒牧太郎にブロックされる。そのCKから岡崎がミドルシュートを放ったが、ゴール前の密集を抜けたボールは枠を逸れて行った。浦安もFPケニーがシュートを放つが、左ポストに嫌われて得点できない。11分にはFP星翔太がGK村山竜三と1対1の場面を迎えるが、シュートは阻まれた。速攻から追加点を狙う神戸も19分に相井がゴールを狙ったが、左ポストに嫌われて得点にはならず。前半は1-0と神戸がリードして終了する。

 

後半に入っても、浦安の単調な攻撃のリズムは変わらない。しっかりと守る神戸は後半4分のCKからのチャンスで、FP原田浩平が左足でゴールを決めて浦安を突き放す。さらに13分にもFP鈴村拓也からの浮き球を前線で原田が収めて、足の裏を通すオシャレなパス。これを3人目の動きで走り込んだFP川那部遼が受けて、ゴールにたたき込み、神戸がリードを3点差に広げた。

 

攻め手のない浦安は、残り5分を切ってからFP小野大輔をゴレイロにしてパワープレーを開始。ようやくゴールに向かう形ができはじめ、後半17分には星からのパスを受けたFP加藤竜馬がゴールを決める。その後、岡崎のパワープレー返しで再び3点差とされた浦安は、終了間際にも加藤、FP荒牧太郎がパワープレー返しからゴールをしたが、反撃も1点及ばずに試合終了。神戸が4-3で勝利して、ベスト4に進出。浦安の元フットサル日本代表FP小宮山友祐は、この試合が現役最後の試合となった。

関連記事

  1. 【Fリーグ】引退発表の小宮山友祐へ レジェンドからのメッセージ …
  2. 【Fリーグ】府中が神戸を破って連続無敗試合数を「7」に伸ばす、2…
  3. 【Fリーグ】引退発表の小宮山友祐へ レジェンドからのメッセージ …
  4. 【Fリーグ】FP原田が通算100ゴールを決めた神戸が湘南に追い付…
  5. 【インタビュー】前神戸の山本尚希監督が神戸の下部組織で指揮を執る…
  6. 【選手権】後半3ゴールの府中が大分に逆転勝利で4強進出
  7. 【Fリーグ】浦安が荒牧弾で粘る町田を振り切り、リーグ戦3連勝を飾…
  8. 【Fリーグ】神戸の選手たちへの自主降格通達はリーグの発表後 「正…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。