Fリーグ

【選手権】3位決定戦はFP宮田義人のミドルシュートで府中が神戸に勝利

[3.20 第22回全日本選手権3位決定戦 神戸 0-1 府中 代々木第一]

 

第22回全日本フットサル選手権は20日に大会最終日を迎え、デウソン神戸と府中アスレティックFCの3位決定戦が行われた。

 

今季のリーグ戦では府中が2勝1敗と勝ち越しているカード。序盤から積極的に仕掛けたのは府中だった。前半2分に右サイドからFP完山徹一が速いボールをゴール前に入れる。ファーポスト前のFP渡邉知晃にボールが届いたが、処理できずにハンドを取られる。その2分後には速攻からFP皆本晃のパスを受けた渡邉がシュートを放つも、ゴール右に逸れて行く。4分には皆本が高い位置でボールを奪い、ショートカウンターに出たがここもシュートは右に外れて行った。

 

なかなか攻め切れない神戸は5分にFP原田浩平が左サイドから仕掛け、シュートを放つがゴール右へ外れる。この場面以降、再び府中が攻勢を強めるが、FP宮田義人やFP上福元俊哉のミドルシュート、スルーパスを受けた渡邉のシュート、FP徳嶽裕太のシュートはGK小石峯成彦に防がれた。

 

前半5分を切ったところで、府中は累積ファウル数が5つになる。強くプレスに行けなくなった府中に対し、神戸は前半終了間際に何度かチャンスをつくり、FP森侑のスルーパスを受けたFP松宮充義はシュートを打ちきれず。原田のパスを受けたFP鈴村拓也がブザービーターでゴールを狙ったが、これもGK田中俊則に阻まれ、前半は0-0のスコアレスで終了した。

 

後半の序盤も府中が押し込む展開になるが、得点が決まらないまま時間が過ぎていく。後半7分過ぎからは神戸にもチャンスが増え始めるが、FP相井忍のシュートをGK田中が足で防ぐなど、こちらもゴールを割らせなかった。

 

ようやく試合が動いたのは、後半13分。右サイド深くから徳獄、皆本とつないだボールを受けた宮田が右足でシュート。ミドルシュートがゴールに決まって、府中が1点をリードした。先制された直後、神戸も反撃を見せて相井が決定機を迎えるがGK田中に防がれる。残り2分半を切り、パワープレーを仕掛けた神戸だったが、最後まで1点が遠く試合終了。府中が大会3位に輝いている。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【Fリーグ】F2降格の神戸にFP藤川朋樹が復帰 「ただいま!」
  2. 【Fリーグ】府中が4試合ぶりの勝利 浜松はホーム最終戦を勝利で飾…
  3. 【講習会】スペイン代表ベナンシオ監督講習会、Fリーグ立川・府中の…
  4. 【Fリーグ】すみだの呪縛をわずか2分で解き放ったFP春木啓佑「緊…
  5. 【Fリーグ】Abema解説も好評のFP鍛代元気とFP刈込真人がゴ…
  6. 【Fリーグ】AbemaTVで振り返ろう!! 1点差を巡る接戦とな…
  7. 【Fリーグ】町田FPダニエル・サカイと日根野谷建が8節・浦安戦は…
  8. 【AFCクラブ選手権2017】アジアの舞台に戻った木暮監督の下、…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。